優しいあなたを守る方法

優しいあなたを守る方法ネタバレ36話最新話と感想!バネッサの足の怪我

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「優しいあなたを守る方法」36話のネタバレと感想をまとめてみました!

使節団のことを警戒しているレティシャに、ディトリアンは想っている気持ちを伝えられる範囲ですべて伝えるのでした。

ディトリアンの気持ちを聞いたレティシャの目には大粒の涙があふれ、傷ついた心が癒されていくのでした。

「優しいあなたを守る方法」36話のネタバレと感想をしていきます。

⇒優しいあなたを守る方法ネタバレ一覧へ

優しいあなたを守る方法ネタバレ36話最新話と感想!バネッサの足の怪我

バネッサの足

ディトリアンとの甘い時間が過ぎ、彼は何かの調査をするため、この場を離れることに。

ディトリアン達が居なくなると、レティシャは今の自分にできることはないかと考えるのでした。

 

すると、バネッサの足のことを思い出します。

前世でのことを思い出すレティシャ。

 

ディトリアンが怒る姿を始めてみたレティシャは、その時のことを鮮明に覚えていました。

敵である神官に治療されるなら、命を落とした方がマシだと考えるバネッサ。

ディトリアンは、自分の足の怪我のことを隠していたバネッサに対して怒っていました。

バネッサを探すレティシャ

もし、今もバネッサが足を怪我しているのであれば、帝国に戻って治療をするチャンスだと考えるレティシャ。

バネッサを探すと、後ろでエノックと歩く姿を見つけました。

 

ちょっと見ただけでは歩くのも問題なく、痛そうには見えませんが、過去でも彼の傷が悪くなっていたことは誰も気が付けなかったのです。

レティシャはバネッサの足の怪我について、よく観察しないといけないと思うのでした。

誤解と涙

夜になり、休息となった時。

レティシャはバネッサを見つけ、彼に直接聞いてみることにしました。

昼間に観察したところ、やはり彼の足に少しの違和感を感じるレティシャはバネッサに話しかけます。

 

彼との会話から聖女の娘の代わりにエノックの恩人である自分がディトリアンと結婚したと誤解をしていることを知りました。

もしかして、ディトリアンが自分を守るためにそんな嘘をついてくれていたのではないかと思うレティシャ。

 

彼の優しさに思わず涙を流しました。

ディトリアンに会いたくなるレティシャでしたが、今はやらなければならないことを優先します。

レティシャはバネッサに足の怪我の確認をしたいとお願いしました。

優しいあなたを守る方法36話の感想!

過去だとバネッサの足は取り返しのつかないところまで悪化してしまいます。

ディトリアンがバネッサに対して怒るのは、彼に対する優しさから来たのでは…と思います。

 

バネッサのことを大事に思うあまり、怒ってしまったのでしょうね。

でも、今であればまだ治せそうですね。

取り返しがつかなくなる前に、レティシャはどうやってバネッサの怪我を治すのでしょうか。

 

治療には新聖力が必要になりますが、どうやって治療することになるのかについても、今後の見どころになっていきますね。

ディトリアンの優しさに涙しながらも、今はやるべきことを優先させるレティシャ。

 

ディトリアンの事だけではなく、周りの人の幸せを考える純粋な性格をしているのが感じられます。

周りにおびえてはいますが、虐待を受け続けながらも周りの人に対しての優しさがあるのはなかなかないことだと思いました。

ディトリアンがレティシャに惹かれるのも分かる気がします。

優しいあなたを守る方法ネタバレ36話最新話と感想!バネッサの足の怪我のまとめ

今回は「優しいあなたを守る方法」36話のネタバレと感想をご紹介しました!

レティシャは自分にできることはないかと、バネッサの足のけがを気にします。

バネッサの足の怪我が手遅れになった過去を思い出し、今回は同じことを繰り返さないように対策を考えるのでした。

⇒優しいあなたを守る方法ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!