よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ10話最新話と感想!戦場に向かったセザール

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」10話のネタバレと感想をまとめてみました!

小説ではランカスター令嬢と恋に落ちるはずのセザール。

なぜか、カナリアを追ってテラスに来ました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る10話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ10話最新話と感想!戦場に向かったセザール

テラスに来たセザール

小説通りならセザールはグレイシーと仲良く話し込んでいるタイミングなのに、なぜテラスに来ているのかと、カナリアは不思議に思いました。

セザールはカナリアの反応を、自分が他の女性と話していたから嫉妬しているのだと勘違いします。

 

グレイシーとは形式的な挨拶を交わしただけだと説明するセザールは、カナリアがやきもちを焼いたことが嬉しそうでした。

カナリアが誤解だとも言えずにいると、セザールがカナリアを抱きしめます。

 

セザールは、必ず勝利して帰るので皇宮から追い出される心配はしなくていいと言います。

原作にこんなシーンはないと分かっていますが、カナリアは思わずセザールを抱きしめました。

強いだろうと思っていたセザールが、とても震えていたからです。

南部戦線帝国軍部隊

宴会の一週間後、セザールは戦地へ赴きました。

南部戦線の宿舎では、傭兵たちが寛いでいます。

 

そこへ皇子が指揮官として赴任するという知らせが入りました。

ジャックスと呼ばれる傭兵は、きちんと制服を着るようにと注意されて面倒くさいとぼやいています。

イーサンと呼ばれている傭兵も同様で、うちに皇子が来るなんてと不満気でした。

 

そこへ、セザールが入って来ます。

傭兵たちは、自分たちの知っている「シャン」が来たので驚きました。

シャンとは、セザールが皇宮外で名乗っていた名前です。

 

ジャックスが、シャンもこの部隊に志願したのかと尋ねました。

すると、右目に黒い眼帯をしたミラーがセザールの前に来て、丁寧に挨拶をします。

 

ミラーが皇子、と呼びかけるのを聞いて、他の傭兵たちは騒然としました。

セザールは、改めて自分がこの国の第一皇子であるセザール・ド・レマン・クラインだと自己紹介します。

 

衝撃を受ける傭兵たちに、セザールは、事情があって今まで身分を隠していたのだと話しました。

そして、話が長くなるかもしれないと言いながら説明を始めます。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る10話感想

セザールは心からカナリアを信頼し、愛しているのですね。

カナリアは、まだ原作が頭にあるからそうは思っていないようですが、もう小説とは違うストーリーが展開されるのは間違いなさそうです

いつも身近にいるカナリアが信用できる人物だということは、セザールの心の安定にもつながりますし、本当に良かったです。

 

でもここで気になることが一つ。

セザールが英雄になって帰ってきたあと皇后を処罰するのでしょうが、この皇后はノアの母親です。

ノアは、皇后がセザールに行った数々の嫌がらせを知ったとしても、母の処罰を受け入れるでしょうか。

 

セザールも、ノアに懇願されたら甘い処分になるかも。

そうしたら、位を追われた皇后はセザールやカナリアにどんな仕返しをするか分からない…。

そんなことが、頭に浮かびました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ10話最新話まとめ!戦場に向かったセザール

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る10話のネタバレと感想を紹介しました!

宴会の一週間後、セザールは戦地へ赴きます。

南部戦線にいた傭兵たちは、セザールが皇子であることを初めて知り…。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!