よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ23話最新話と感想!グレイシーの本意

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」23話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝は、セザールとカナリアを離婚させ、グレイシーと再婚させるつもりです。

しかしグレイシーの本心を聞いたセザールは…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る23話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ23話最新話と感想!グレイシーの本意

皇帝とランカスター公爵の相談

皇帝が、グレイシーの父であるランカスター公爵に元老会議について尋ねています。

公爵は、皇后の実家であるファーンハム家が権勢を誇っていることを報告しました。

 

ファーンハム家は、庶民院の議員のほとんどを後援しています。

それは、元老会議の半数以上でした。

 

セザールが皇位を継承すれば、彼らの反発は必至です。

そこで皇帝は、ランカスター家がセザールと手を組めば下院選挙で勝利することは容易だろうと考えました。

つまり、ランカスター家とセザールの縁談です。

皇帝が暮らす太陽宮

太陽宮の応接間は、皇帝に許された者だけが出入りできる空間です。

セザールは生まれて初めて、ここへ招待されました。

 

中に入ると、皇帝とセザールの母である皇妃リリア、そしてグレイシーが席についています。

皇族でも容易に出入りできない応接間に貴族の令嬢がいることを、セザールは不審に思いました。

 

皇帝は、もともと皇子と縁談があったのはグレイシーだったので、縁を結びなおしてはどうかと二人に尋ねます。

カナリアの身分が低いことや、後ろ盾が皇后であることも、皇子にとって好ましくないというのが理由でした。

 

罪のない正妃を追い出せば後々問題が起こると言って反対するセザールを、皇帝は世間知らずだと一蹴しました。

理由はいくらでも後付けできると言うのです。

応接間を退出したセザールとグレイシー

応接間でのセザールの様子を見て、グレイシーはセザールが離婚する気がないと分かりました。

そこで、セザールに縁談についてどう思っているか尋ねると、あり得ない話だと答えます。

 

グレイシーは、セザールと同じように思っていることを明かしました。

そして、自分に皇子と結婚する気がないと知った父がショックで倒れる場面を想像するのは面白いと言います。

 

グレイシーは、近いうちに自分の考えを父に話すつもりだといって帰っていきました。

セザールは、すぐにカナリアのところへ行くことにします。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る23話感想

本人たちが結婚する気がないといっても、皇帝の決定に反対できるものでしょうか。

グレイシーも、父の命令に背いたら一体どうなるのかしら。

 

グレイシーの父が娘のやりたいことに理解があるような人ならいいですが、皇后の座をみすみす逃すのか疑問です。

爵位を継ぐどころか、無理やり結婚ということも、あり得ないことではないのでは?

 

そして次の爵位を継ぐことになっている従兄弟にしても、当てが外れるのは困るでしょう。

グレイシーが思っているより、困難を極める道になると思います。

 

それでも、2人とも並外れて聡明な人材ですから、説得できる材料をつくりだすかもしれません。

できたら、他にも有力者の味方が欲しいところです。

頼れるのはグレイシーの知恵と人脈でしょうか。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ23話最新話まとめ!グレイシーの本意

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る23話のネタバレと感想を紹介しました!

セザールはグレイシーに、離婚はあり得ないと考えていると話します。

グレイシーも、セザールと結婚する気が全くないことを明かしました。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!