影の皇妃

影の皇妃ネタバレ36話最新話と感想!ベロニカ危篤

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」36話のネタバレと感想をまとめてみました!

学術院で、レンは相変わらずエレナに絡んできます。

そして、エレナの耳の後ろの傷跡は反対側にあったはずだと言うのですが…。

影の皇妃36話のネタバレと感想を書いていきます!

影の皇妃ネタバレ36話最新話と感想!ベロニカ危篤

授業に現れたレン

エレナが現れると、学生たちはエレナに憧憬の眼差しを向けていました。

緊張して目も合わせられない、などと話しています。

エレナは、公女は見た目だけで中身は他の学生たちと何一つ変わらないのに、と思いました。

 

席について本を広げていると、レンがいつもの調子で、学生たちに下層民を見下す言葉を投げながら教室に入ってきます。

周りの学生たちはレンが来るのを見て、小声でもう教養の単位は諦めようと話し合っていました。

 

エレナはこの授業を受けていなかったはずのレンが現れたことに動揺します。

自分が宴のときにレンを突き飛ばしたことで、未来を変えてしまったのだろうかと思いました。

 

レンはエレナの隣に座っていた学生に席を譲ってもらい、嫌そうな顔をしているエレナを見て嬉しそうにしています。

同じ授業を受けるのは偶然ではないのだろうと聞くエレナに、レンは計画された偶然だと答えました。

その計画に学生の本分も含まれているといいが、とエレナは返します。

レンの記憶

授業中、レンは本を広げることもなく、露骨にエレナを見つめていました。

授業が終わってエレナが席を立ち立ち去ろうとしたとき、レンが足を延ばしてエレナの足を引っかけます。

 

よろめいたエレナは、持っていた本を落としてしまいました。

エレナが本を拾うように言うと、レンははとこをこき使うのかと取り合いません。

 

エレナは、幼稚すぎて相手にしたくないとため息をつきながら、本を拾いました。

幼稚という言葉が癇に障ったらしいレンが、自分の記憶力には自信があるのだと言います。

 

そしてベロニカの傷跡は反対側ではなかったかと尋ねました。

動揺を隠し、人の記憶ほど曖昧なものはないと答えるエレナ。

堂々としたエレナの態度に、勘違いと言われたらそんな気もする…とレンは思います。

ローレンツの報告

大公家では、リアブリックがアンからの報告書を受け取っていました。

エレナのスケジュールなどを見ても、怪しいところは特にありません。

 

しかしリアブリックは、なぜか引っかかるものを感じていました。

いくら考えても、このもやもやの原因が分かりません。

 

そのとき、ドアをノックする音がして息を切らしたローレンツが入って来ました。

ローレンツは、ベロニカ公女が危篤だという連絡が入ったことを伝えます。

影の皇妃ネタバレ36話感想

さすがリアブリック、エレナに違和感を感じているのですね。

その理由が分かるのはいつになるでしょうか。

そのとき、どんな顔をするのか、今から楽しみです。

 

レンは大公家への恨みから、ただただエレナに絡んで嫌がらせをしたいだけなのでしょうか。

そうだとしたら、小学生並みのお子ちゃまですね。

でも恐らくそれだけではなく、偽のベロニカだということを暴いてエレナの弱味を握りたいのでしょう。

 

未来が変わりつつある今、どんな想定外の出来事が起こるか分かりません。

エレナがルシアになりすまして活動するとき、もしもレンが変装を見破ったら?

これから十分に注意しなければいけない相手ですね!

影の皇妃ネタバレ36話最新話まとめ!ベロニカ危篤

今回は影の皇妃36話のネタバレと感想を紹介しました!

アンから送られてくるエレナの動向について怪しい点はないにも関わらず、リアブリックは何かもやもやしています。

そして本物のベロニカ公女が危篤だと言う連絡が入りました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!