よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ36話最新話と感想!グレイシーのパーティー

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」36話のネタバレと感想をまとめてみました!

今日はセザールと一緒にパーティに出席する日です。

でもノアとカナリアの関係が引っかかっているセザールは暗い顔をしていました…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る36話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ36話最新話と感想!グレイシーのパーティー

パーティの支度

年末になり、カナリアはパーティへの出席で多忙を極めていました。

今日はオーダーしていたドレスが届き、それにセザールがプレゼントしてくれたネックレスを合わせます。

 

カナリアはネックレスをしているところを見せようと思い、ウキウキとセザールの元へ向かいました。

しかしソファで待っていたセザールは浮かない表情です。

 

そこでカナリアがネックレスを見せると、セザールは顔を赤らめて嬉しそうにしていました。

自分のプレゼントをしてくれているのを喜んでいるようです。

 

カナリアは昨日の釣りについて、ノアと待ち合わせて行ったのではなく途中で偶然に会ったのだと説明しました。

ノアと自分だけで遊びに行ったから、セザールが拗ねているのだと思ったからです。

 

拗ねていないと否定するセザールに、それならまたノアと二人で遊びに行くというと、駄目だと叫びました。

泣きそうな顔をしているセザールの顔を見て、カナリアは大笑いします。

 

冗談だと笑うカナリアの指を握ったセザールは、しゅんとした様子でした。

カナリアは、セザールが忙しいので疲れているのだろうと考えます。

パーティー会場

グレイシーは今年ビジネスが特に好調だったので盛大に祝いたいと、今日のパーティーを主催しました。

セザールとカナリアが到着すると、グレイシーはカナリアのドレスに目を付けます。

 

ユニークなドレスだと褒めるグレイシーですが、カナリアはいつも通り、額面通りには受け取れません。

もしやドレスにケチをつけられたのかと思い、動揺しました。

 

しかしグレイシーは今回ばかりは本音で褒めていたらしく、デザイナーの名前を尋ねてきます。

カナリアがデザイナーの名前を答えると、それは何とグレイシーが買収したお店でした。

 

そこで買収ではなく強奪ではと口を挟むセザール。

グレイシーは負けずに、合法的な手続きで事業を拡大していると答えました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る36話感想

セザールは皇帝をどのように説得すればよいか考えあぐねているところに、ノアとカナリアの噂があって、悩んでいるんですよね。

カナリアも、セザールの心労を少しは真面目に考えてあげて欲しいのですが…。

 

カナリアはカナリアで、皇后に対して気を使って疲れているかもしれません。

でも、お互いにもう子供ではないのですから、からかうのは大概にしておかなければ。

 

セザールはカナリアを愛しているし、優しい性格ですから黙っていますが、いつか限界に達するかも…。

それは、ノアにとってもいいことではありません。

 

グレイシーは実務的な能力が高くて、セザールとは恋人というより仕事仲間というのがピッタリですね。

カナリアとは、本音で付き合える数少ないお友達になれそうな気がします。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ36話最新話まとめ!グレイシーのパーティー

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る36話のネタバレと感想を紹介しました!

グレイシーのパーティに出かけたセザールとカナリア。

カナリアは、グレイシーのお店を避けてドレスを注文したつもりでしたが、実はそこはグレイシーが買収したお店だと知って…。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!