よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ55話最新話と感想!好感度が低い?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」55話のネタバレと感想をまとめてみました!

人気投票の結果で、セザールはまさかの0票。

カナリアも参加した人気投票で0票だったことにショックを受けたセザールは…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る55話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ55話最新話と感想!好感度が低い?

投票の結果

侍女達は、皇子宮の侍女達にも人気投票のことを知らせて、みんなで投票することになりました。

カナリアは、1票ももらえなさそうなジャックスに投票することにします。

セザールは主人公で人気があるから、自分の票がなくても平気だろうと思いました。

 

投票の結果は、1位がイーサン、2位がノアです。

しかしあろうことか、セザールは最下位の0票。

ジャックスはカナリアの票で1票獲得でした。

 

小説ではセザールは一番モテモテだったのですが、こんなところまで原作とずれているのかとカナリアは驚きます。

そこへ、カナリアに会いに来たセザールが投票結果を見てしまいました。

セザールはかなりショックを受けたらしく、無言で走って行ってしまいます。

 

カナリアは、侍女たちになぜセザールに投票しなかったのかと尋ねました。

侍女達は、皇子があれほどカナリア妃を愛しているのに、自分たちが投票するのはとてもできないと答えます。

落ち込むセザール

セザールが投票で上位になるだろうと思ってジャックスに投票したカナリアは焦りました。

急いでセザールを追って皇子宮に向かいます。

 

セザールは自分の部屋で、最下位になるほど好感度が低いのかと落ち込んでいました。

子供の頃から男前だと言われていましたが、周りが媚を売っていただけかもしれないと思います。

 

子供の頃、セザールの身分を知らなかったジャックスにも目つきが悪いと言われました。

パーティでも、カナリア以外の女性と5句以上の言葉を交わしたことはありません。

好感度の高いノアは自分とは対照的で、宴会の時はいつも令嬢たちに囲まれています。

 

セザールは、他の人はともかくカナリアには嫌われたくないと思いました。

そこへ、心配したカナリアがやって来ます。

セザールは、好感が持てないといわれるのが怖くて寝たふりをしました。

 

カナリアにとって、セザールはとても好きなタイプの男性でした。

カナリアが寝顔を見ながら、かっこいいと言うと、セザールは飛び起きます。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る55話感想

セザールってば、もう可愛いというか、真面目すぎて気の毒というか…。

セザールは決して好感度が低いことはないと思います。

ただ、カナリア一筋なのをみんなが分かっているので、近づかないんですよね。

 

本当は人が自分のことをどう思っているか、というのを正確に知るのは難しいですね。

社交辞令あり、遠慮あり、妬みありですから。

 

やはり自分に近い人に聞くのが一番いいんですよね。

セザールの場合は、カナリアがセザールの良さを自覚させてあげて欲しいです。

 

それに周りの人が自分の鏡だと考えると、これだけいい人たちに囲まれているのだから自分もイケてるかな、と思えるかも。

心地いい人たちに囲まれている場合は、この考え方でいいのではないでしょうか。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ55話最新話まとめ!好感度が低い?

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る55話のネタバレと感想を紹介しました!

人気投票の結果を見て、セザールは自分の好感度が低い理由について考えます。

他の人に人気がないのは構いませんが、カナリアに嫌われるのだけは嫌だと思いました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!