よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ56話最新話と感想!カナリア一筋

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」56話のネタバレと感想をまとめてみました!

カナリアにカッコいいといわれて機嫌を直したセザール。

セザールは、自分に興味を示す令嬢に対してはそっけない態度を取ります。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る56話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ56話最新話と感想!カナリア一筋

人気がないセザール

セザールは人気投票で最下位だったことを気にしていましたが、カナリアからカッコいいといわれて機嫌が直りました。

セザールは、カナリアの瞳の色がアンブロシアの色に似てキレイだと褒めます。

 

花か宝石の名前かと思ったカナリアですが、実は南部の地に生息する毒ヒキガエルのことでした。

それは本当にきれいな黄緑で、セザールは本気で褒めていたのですが、カナリアは複雑な気持ちです。

 

内心むっとしたカナリアは仕返しに、セザールの髪は蜘蛛の足の産毛なみにサラサラだと言ってやりました。

それでもセザールは、誉め言葉だと受け取って嬉しそうにしています。

他の令嬢に対する態度

すっかり上機嫌になったセザールは、カナリアをロビーまで送ることにします。

二人が手を繋いで歩いていると、若い女性が近寄って来ました。

 

女性はウィルソン子爵の令嬢で、今日は皇妃のお茶会に出席していたそうです。

皇妃より皇子宮あての手紙を預かってきたのだと言いました。

カナリアは、わざわざ手紙を持ってくる令嬢には何か裏があると思って警戒しています。

 

セザールはカナリアの様子を見て、わざわざ執務室まで届けてくれる必要はないと答えました。

すると令嬢は、皇子に直接会いたかったのだと言います。

 

カナリアは、自分とノアのことでセザールが怒った気持ちが分かるような気がしました。

同時に、自分に怒る資格があるのかとも考えます。

皇室では正妃以外にも多数の妾がいるのが普通なのですから。

 

セザールは、お茶をしたいという令嬢に対して、なぜ自分が時間を割かなければいけないのかとにべもありません。

仕事以外の時間を全て妻のために使っても足りないのだと言います。

残虐な男

オスカーは床に転がっている亡骸を見て、全員の命を奪う必要はなかったのではと言いました。

視線の先には、皇后の弟であるジェラルド・ファーンハム侯爵がいます。

 

ファーンハム侯爵は、今更同情するのかとオスカーに聞きました。

オスカーは、後片付けが大変だからだと答えます。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る56話感想

妻の瞳の色を毒ヒキガエルに例えて許されるのはセザールだけです(笑)

普通こういう言い方をするのは嫌がらせなのですが、全く悪気がないので怒るわけにもいきませんね。

 

それにしても、自分に興味を示す令嬢にここまできっぱり冷たく対応すれば、好感度は下がりますよね…。

本人は何とも思っていないのでしょうが、好感度が欲しいなら少し考えた方がいいのでは。

 

でも、カナリアにとっては理想的な男性ですね。

自分の彼氏にはこうあってほしい!と思う女の子は多いでしょう。

 

最後にはいよいよ悪役らしい悪役、皇后の弟が登場しました。

カナリアは彼については原作でよく分かっているでしょうが、なんだかすごくヤバそうな男です…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ56話最新話まとめ!カナリア一筋

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る56話のネタバレと感想を紹介しました!

セザールは自分がカッコいいという自覚がなく、他の令嬢たちが興味を示しても全く気づきません。

セザールが大事に思っているのは、本当にカナリアだけなのです。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!