よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ78話最新話と感想!皇后の命令

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」78話のネタバレと感想をまとめてみました!

セザールが出征して数日後、皇帝が倒れて大騒ぎになります。

このままでは国政の半分を皇后が率いることになる、と不安が募るカナリアですが…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る78話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ78話最新話と感想!皇后の命令

体調を崩した皇帝

セザールが皇宮を離れた数日後、カナリアは侍女から、皇帝が会議中に倒れて大騒ぎになっていると聞きました。

その上、皇帝は昔から健康が良くなかったという噂も飛び交い、太陽宮はただならぬ雰囲気だそうです。

 

カナリアは、原作でも今がちょうど皇帝が持病で寝込む時期だと思いました。

普段、皇帝の健康状態は極秘ですが、皇后だけは知っていたはずです。

 

セザールが首都にいない今、このままでは国政の半分を皇后が率いることになるとカナリアは懸念しました。

もしかしたら皇后は皇帝が体調を崩す時期を狙ってセザールを追いやったのかもしれないとも思います。

皇妃リリア

カナリアが嫌な予感がする中、皇妃リリアがカナリアに会いにきました。

リリアは、セザールの実母です。

 

リリアは、今の生活に満足しているかとカナリアに尋ねました。

そして、皇宮の生活に息が詰まるとか、逃げ出したいという気持ちは誰よりも理解できると言います。

 

カナリアが、自分で選んだ道なので不幸とは思っていないと答えると、リリアは安心したと言って笑顔を見せました。

セザールは、皇妃に迷惑をかけないようにわざと母を避けています。

カナリアは、セザールが無事皇太子になって、母と一緒に暮らせることができるといいのにと思いました。

皇后からの呼び出し

リリアが帰った後、カナリアは皇后に呼び出されました。

皇后は、皇子宮の管理をしているカナリアに、帳簿を捏造して皇妃リリアに横領罪をかぶせるよう指示します。

 

皇子宮の資金を皇妃が盗んだとでっち上げるようにということでした。

皇后は、カナリアをもう一度試そうとしていたのです。

 

カナリアは皇妃に冤罪をかけるわけにはいかないと思いました。

しかし皇后は、カナリアがやらなければ他の人にやらせるはずです。

 

カナリアは皇后に疑われるのは覚悟の上、意を決してセザールの執務室に火をかけました。

とりあえず、時間稼ぎをするつもりです。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る78話感想

セザールを追いやって、いよいよ皇后が本気を出してきましたね。

皇帝が倒れたのをいいことに、セザール側の人間を一掃するつもりでしょうか。

皇后は当然、セザールはもう戻ってこないと思っているでしょうし。

 

まあ皇帝も、一時期はカナリアに濡れ衣を着せてでも、セザールとグレイシーを再婚させようとしましたしね。

つくづくこの皇室は恐ろしいところです。

 

カナリアが、セザールの母に無実の罪を着せることができるはずはありません。

しかし放火などすれば、皇后のカナリアに対する疑念は深まるはず。

 

リリアも、結果的に皇后に逆らったカナリアもこのあと無事でいられるのでしょうか。

いっそ、しばらくどこかに身を隠すなどした方がいいのでは?

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ78話最新話まとめ!皇后の命令

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る78話のネタバレと感想を紹介しました!

皇后はカナリアを呼び出し、皇子宮の帳簿を捏造して皇妃リリアに横領罪を被せるように指示します

皇妃に冤罪をかけるわけにはいかないと考えたカナリアは、皇子の執務室に火をつけました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!