よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ77話最新話と感想!リカルドの協力

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」77話のネタバレと感想をまとめてみました!

セザールが出征したあと、カナリアはさっそく行動を開始します。

グレイシーに手紙を書き、リカルドを探して連れてきてもらうように頼みました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る77話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ77話最新話と感想!リカルドの協力

セザールの出征後

形式的な出征式の後、セザールはガリア半島へ向かいました。

残されたカナリアは、悲しむよりも自分にできることをやらなければと決意します。

そして侍女にグレイシー宛の手紙を渡し、できるだけ早く届けるように命じました。

 

手紙を読んでやってきたグレイシーは、落ち込んでいるであろうカナリアを元気づけようと声を掛けます。

しばらく連絡がなかったので、落ち込んでいるのだろうと心配していました。

 

しかしグレイシーの予想に反して、カナリアは明るい表情でやる気満々な様子です。

安心したグレイシーは、手紙で頼まれていた人物を招き入れました。

リカルドの協力

入って来たのは、目隠しをされ縄で縛られたリカルドと、リカルドを連れたイーサンでした。

グレイシーはリカルドの拉致を命じられたと思っていたのです。

 

カナリアは慌てて、リカルドの目隠しを取りました。

そして、セザールの出征にファーンハム家が関わっているかもしれないという話をします。

 

カナリアは、ガリアの事件が捏造されたのかもしれないと疑っていることを説明し、リカルドに協力を頼みました。

リカルドは、ファーンハム家が何を企んでいるのか調べることを快諾します。

 

リカルドは、町でカナリアに言われた通り、これからは責任を取ると言いました。

自分の家門を変えるため、これ以上家門の過ちには目をつぶらないことにしたそうです。

 

グレイシーから、現侯爵から爵位を奪えばどうかと言われたリカルドは、できるものならとうに奪っていると答えました。

カナリアはふと、グレイシーとリカルドがそれぞれの家主になり、セザールの力になったら頼もしいだろうと考えます。

 

リカルドとグレイシーとの会議のあと、皇子宮の管理を任されているカナリアは執務室に向かいました。

山のような仕事を前に、皇后になったらこの十倍は忙しくなるから練習と思ってこなしています。

カナリアは、いつの間にか皇后になるのを受け入れている自分に驚きました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る77話感想

やっぱり、カナリアはリカルドに協力を仰ぎましたね。

リカルドも、友人であるセザールとカナリアのために行動してくれるようです。

 

しかしリカルドが家門の過ちを正そうとしているのがバレたら、現ファーンハム侯爵が何をするか分かりませんよ…。

先代の命を奪ったくらいですから、カナリアに協力したことがバレたらリカルドもめちゃくちゃ危険です。

 

カナリアはすっかり皇后になる気満々で、やる気がでてきたようで良かったです。

本当に、愛の力はすごいですね。

 

この後すんなりとセザールが皇帝になるとは限りませんが、セザールの周りには本当に信用できる人たちがいます。

これは、辛い幼少期もひねくれずに乗り越えたご褒美なのかもしれませんね。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ77話最新話まとめ!リカルドの協力

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る77話のネタバレと感想を紹介しました!

ガリアの事件は捏造されたものかもしれないと考えているカナリア。

リカルドに、ファーンハム家が何を企んでいるのか調べてくれるように頼みました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!