よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ76話最新話と感想!出征式の朝

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」76話のネタバレと感想をまとめてみました!

ようやく心が通じて結ばれたセザールとカナリア。

しかし朝が来れば、セザールはガリアに向けて出発しなければなりません。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る76話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ76話最新話と感想!出征式の朝

結ばれた二人

明日になればセザールはガリアに向かうことになります。

出征式の前夜、セザールとカナリアはようやく心が通じ、お互いを求めあいました。

 

突然カナリアはセザールの名を呼びながら、涙を流します。

驚いたセザールが理由をきくと、時間があまりないのが悲しすぎるのだと言いました。

朝になればセザールはガリアに行ってしまうからです。

 

セザールはカナリアの涙を指で拭いながら、無事に帰って来るからと言います。

そして、自分たちの結婚は複雑だったが、必ずカナリアを幸せにすると約束しました。

皇后の陰謀とは?

セザールは、ガリアの件は南部戦線と同じく、自分の敗戦記録を残すのが目的だろうと考えていました。

しかしカナリアは、起きてはならない事件が起きたのが一番の問題だと考えています。

 

セザールは、ファーンハム側が以前は先送りにしようとしていた出征を、今回は急かすのが気になると言いました。

それを聞いたカナリアに、ある疑念が生まれます。

 

原作にはなかった事件、以前と反対の態度を見せるファーンハム側の貴族たち、そして意味深な皇后の言葉。

それらを考え合わせると、ガリアの事件そのものが疑わしく思われました。

 

カナリアは、内密にガリアに伝令を出すようにと言います。

確かにスチュワート公は亡くなったのかもしれないが、何か裏があるかもしれないと説明しました。

セザールは、カナリアの言う通りにすると約束します。

 

朝になり、セザールは出征式に行かなくてはいけない時間になりました。

セザールはカナリアの顔を見て、出征式には出席しないほうがいいと言います。

どう見ても完徹した顔なので、皇后に疑われるかもしれないからでした。

 

セザールは、こんな挨拶はこれで最後だと言って、カナリアに敬礼します。

カナリアはその姿を見て、皇后を裏切ったことがバレたとしても、セザールを守るためなら何でもしようと決心しました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る76話感想

このタイミングでようやく二人が結ばれたのは良かったです!

それも、セザールがカナリアの感情をよく読み取っていたからですね。

 

セザールのように女心がよく分かる男性は希少です。

人の心に敏感な分、傷ついたりストレスが溜まることも人より多いかもしれません。

 

カナリアは、ガリアの件が皇后の陰謀であり、皇宮に伝わっている話は事実と違うのではと思っているようです。

それは、小説にはない事件だったからですね。

 

原作になかったからといってこの事件が嘘とは言い切れませんが、何らかの罠が待ち構えているのは間違いないでしょう。

それを避けるため、カナリアは何らかの行動をとるはず。

セザールを守ろうとするカナリアの行動により、皇后を裏切ったことがバレるのではないかと心配になってきます…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ76話最新話まとめ!出征式の朝

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る76話のネタバレと感想を紹介しました!

ガリアの件は皇后の陰謀だと確信するカナリアは、内密にガリアに伝令を出すようセザールに頼みます。

カナリアは、ガリアで起きた事件そのものを疑っていました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!