よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ79話最新話と感想!カナリアの危機

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」79話のネタバレと感想をまとめてみました!

カナリアが火を放ったことで、皇子宮の執務室は全焼します。

会計書類が修復されるまでリリアに横領罪を被せることはできないので、時間稼ぎにはなるはずですが…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る79話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ79話最新話と感想!カナリアの危機

執務室に放火

カナリアは、セザールの執務室に火を放ちました。

そして自分のミスで起きた火事に見せ掛けるため、怪我をしようと考えます。

 

わざと火傷をするため恐る恐る火に手を伸ばしたとき、背後からカナリアを呼ぶ声がしました。

振り返ると、オスカーが執務室に飛び込んで来て、自分の方へ来るようにと言っています。

 

カナリアは、怪我をする前に助けが来てしまったので困惑しました。

仕方がないので、気を失ったふりをして倒れます。

 

救い出されたカナリアは、誤ってろうそく立てを倒し、火がカーペットに燃え移ったと陳述しました。

会計書類が修復されるまでリリアに横領罪をかぶせることはできませんから、時間稼ぎにはなるはずです。

 

しかしこれで、皇后のカナリアに対する疑いは避けられないでしょう。

カナリアは、早くセザールが帰って来てくれるよう祈っています。

帝国軍の拠点

ガリアに向かう帝国軍の拠点で、セザールは伝令の報告を読んでいました。

それによると、ガリアの状況はそれほど厳しくないようです。

 

外が騒がしいのに気づいて行ってみると、リカルドがセザールに会わせろと騒いでいるところでした。

リカルドはガリアの事件について調べた後、急いでセザールを追ってきたのです。

 

リカルドはジェラルドの従者のあとをつけ、亡くなったはずのスチュワート公が生きているのを目撃しました。

カナリアの予想通り、これはジェラルドと皇后が仕組んだことだったのです。

 

またリカルドは、皇帝が倒れたことも報告しました。

この隙に皇后が何を企むか分からないので、急いで皇宮に戻るようにと言います。

 

セザールは、カナリアが自分の味方だと皇后にバレても自分を守ると言ってくれたことを思い出しました

そのような状況ならばカナリアがどんな手を使っても皇后を止めようとするはずです。

カナリアが危ないと知ったセザールは、急いで皇宮に引き返しました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る79話感想

これは、ホントにヤバい状況ですね。

皇后の命令を受けたあとのカナリアの反応を見ていた皇后とオスカーは、これが故意ではないかと疑うのは確実です。

 

カナリアを試すためにリリアを陥れるよう指示したのですから、それが失敗したということは、ほぼ裏切者認定されるはず。

リリアに濡れ衣をかぶせるのは時間稼ぎできますが、カナリアは無事でいられるでしょうか。

 

考えたら、これまで皇后がカナリアを使ってセザールの命を狙おうとしなかったのが不思議です。

手段は、いくらでも考えられたと思うのですが…。

 

思ったより早くセザールが帰ってきたら、ファーンハム側の貴族たちが非難しまくるんでしょうね。

もちろん、セザールはそこに対する対処も考えているでしょうが…。

まずは、カナリアの身の安全が確保できますように。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ79話最新話まとめ!カナリアの危機

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る79話のネタバレと感想を紹介しました!

セザールはリカルドから、スチュワート公が生きているということを聞きます。

セザールを守ろうとするカナリアに危機が迫っていると知ったセザールは、急いで皇宮へ向かいました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!