よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ88話最新話と感想!カナリアの計画

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」88話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇后が火事の原因について尋ねた時、オスカーは事故だったと証言します。

オスカーの証言を疑うジェラルドは、オスカーを屋敷に連れ帰り監禁しました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る88話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ88話最新話と感想!カナリアの計画

監禁されているオスカー

火事が起きた時、オスカーは皇后から火事の理由について聞かれました。

オスカーは、カナリアが自分でろうそく立てを倒すのを見ていたにも関わらず、皇后には事故だったと答えます。

 

その様子を見ていたジェラルドは、カナリアが自分たちを裏切らなければ、その話は事実だと証明されると言いました。

そしてオスカーに余計なことをされたら困ると、オスカーを屋敷に監禁してしまいます。

 

オスカーには、次にジェラルドが何をするか予想できました。

その前に、何としてもカナリアに会わなければならないと考えています。

ミラーに相談

カナリアは、セザールを子供の頃から知っているミラーに相談したいことがありました。

セザールがいつも自分の考えをはっきり言ってくれず、恥ずかしがり屋なのが嫌になってしまうということです。

 

ミラーの場合は、セザールが自然に話せるような空気をつくるようにしたと言いました。

そうしたらセザールも、自然に望むことを話すようになったということです。

乗馬競争

カナリアはミラーの言葉をヒントに、ある計画を思いつきました。

カナリアは、セザールに半日時間を割いてもらい、外に呼び出します。

 

カナリアの計画とは、次のようなものでした。

まず、願い事をかけた勝負をしてわざとカナリアが負ける。

そして、色っぽい空気を作り、夜に寝室に行きたいという願い事を言わせる、ということです

 

カナリアはプライドが邪魔して自分から誘えないので、勝負という形にしました。

しかしセザールは、自分が勝ってもいいのかと気にしています。

 

二人は、馬に乗って競争を始めました。

カナリアは、わざとゆっくりと走っていきます。

それに気づいたセザールが、馬を止めました。

 

セザールは、カナリアがあまりにも遅いので気になったと言います。

あまりにも空気が読めないセザールにイライラしたカナリアは、早く馬を走らせるようにと怒鳴りました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る88話感想

オスカーは、どちらの味方なのでしょうか?

カナリアを庇ってくれたことは間違いありませんが、かといってセザールの味方とも限りませんよね。

ジェラルドがオスカーを切り札にしようとしているところをみると、まだ誰にも知られていないことがありそうです。

 

イーサンは、こんなにお菓子ばかり食べているのに痩せていて、うらやましいです!

決して愛想のよい方ではないのに人気があるのは、このキレイな顔ゆえでしょうね。

傷が残ったらというカナリアの心配も当然です。

 

セザールが恥ずかしがりで、カナリアがじれったく思うのも分かりますが、それもセザールの魅力だと思うのですが…。

セザールが無理せず自分で納得して、カナリアに近付くのを待つ方がいいのでは…と思いました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ88話最新話まとめ!カナリアの計画

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る88話のネタバレと感想を紹介しました!

カナリアは、願い事をかけた勝負をしてわざと負け、セザールから寝室へ行きたいと言わせる計画を立てます。

セザールは、わざと力を抜くカナリアを不思議に思っている様子でした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!