皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ30話最新話と感想!未来の歌姫

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」30話のネタバレと感想をまとめてみました!

お祭りを楽しむ2人。

突然現れた女性にイヴは見覚えがありました。

皇女、反逆者に刻印する30話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ30話最新話と感想!未来の歌姫

未来の帝国歌姫リモーナ

言いなりになると思っているのかと叫んだ女性は、勢いよく小屋から出てきたため、イヴとぶつかってしまいました。

ミカエルに支えられ無事だったイヴは、尻もちをついたリモーナと呼ばれる女性を見て、未来の帝国の歌姫だと気が付きます。

 

イヴは娯楽に縁がありませんでしたが、それでも録音を持っているほど好きな歌手です。

皇室で嫌な目に遭うたびに、リモーナの歌声に癒されていました。

 

自分が歌う予定だったのに!

呆然とする女性に声をかけようとした時、舞台から歌声が聞こえてきます。

その声に反応したリモーナは、自分が歌うはずだったと悲しげに呟き、ある男のことを罵倒し始めました。

ペガサス座なんて潰れてしまえと泣き叫ぶリモーナを見て、その言葉の悪さにイヴは引き気味です。

 

何かあったのかとハンカチを差し出すと、リモーナは大人しく受け取り、ありがとうとお礼を言いました。

舞台ではリモーナが歌う予定でしたが、座長の息子との交際を断った結果、舞台に立たせてもらえなくなってしまったのです。

 

涙を流し抱きついたリモーナを、ミカエルは咎めようとしますが、イヴはそれを制しました。

辛い時に助けて貰った分、自分もなにかしたいと考えます。

イヴがリモーナに出来ること

助けが必要ではないかと聞きますが、リモーナはイヴにできることはないと返します。

それはどうかしらと微笑んだイヴは、リモーナにばれないよう、座長に大金を渡し、リモーナを舞台にあげるよう指示しました。

 

舞台で歌うリモーナの歌声を聴きながら、ミカエルは初対面の相手に何故ここまでしたのかと不思議そうです。

聞いてもないのにどうやって才能を見抜いたのかと聞かれ、焦ったイヴは勘だと答えました。

会場を離れようとするふたりを見たリモーナは、イヴに駆け寄り、恩返しのために名前を教えて欲しいと詰め寄ります。

 

恩人の名前も聞かずに帰れないと、イヴの手を両手で握るリモーナに、イヴは照れくささを感じます。

イヴ・クロエルだと微笑み、ミカエルと帰りの馬車に乗り込みました。

リモーナの歌声を褒めるミカエルの言葉に、イヴは彼女はまだまだこれからだと微笑みます。

皇女、反逆者に刻印する30話感想

ぶつかってきた女性は、未来の帝国歌姫リモーナでした!

前世で彼女の歌声に助けられていたイヴは、恩返しをします。

 

交際を断ったから歌わせて貰えないのは酷いですが、この世界でも良くありそうな話です。

リモーナのように強く断れる女性ばかりでもないでしょう。

彼女が転生前にどうやってスターになったのか、その過程の苦労を想像すると、支援したくなる気持ちがわかりますね!

 

未来のスターとこんなところで出会えるなんて、転生は夢があるなと思いました。

まだ才能が認められていないスターと出会えば、私も支援したくなります。

イヴは良いお金の使い方をしました!

 

この支援は、功績活動の芸術家支援に当てはまらないのでしょうか。

未来に輝くスターの卵を知っているイヴは、どの皇女よりもこの功績活動が向いていると思います!

前世の知識を生かし、よりポイントを稼げるといいですね!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ30話最新話と感想!未来の歌姫まとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」30話のネタバレと感想を紹介しました!

リモーナに恩返しをしたイヴ。

彼女とどう関わっていくのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!