ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第10話最新話と感想!エルの誕生

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第10話のネタバレと感想をまとめてみました!

時は流れ、ついにエルが誕生します。

前世での記憶を思い出し、エルを抱く事を躊躇するレイナでしたが…?

「ガラスの温室の公爵夫人」第10話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第10話最新話と感想!エルの誕生

エルの誕生

時は流れ、エルの出産を迎えたレイナ。

前世と同じく予定日より2ヵ月早く誕生した彼は、元気な産声をあげました。

レイナはエルを抱こうとしましたが、自分が抱いていいものかと躊躇してしまいます。

 

彼に触れようとすると、前世での忌々しい記憶が蘇るのです。

自分が触れればエルを傷付けてしまうかもしれないと、レイナが涙したその時。

突然現れたエドハールが、エルをレイナの胸に乗せました。

 

あなたの子供だろうと言うエドハール。

初めてエルを胸に抱いたレイナは感動のあまり涙を流します。

今度こそエルを守ると誓うレイナ。

 

子供の名前を考えたかと聞かれた彼女は、エルがいいと答えます。

「エル・ルシャナド・ヒスビリアン」と命名したエドハール。

将来のヒスビリアンの当主だと伝えるのでした。

エルの気運

眠っているエルの周りを飛び回るウンディーネ。

可愛らしいエルにメロメロの様子です。

エルが好きかと尋ねるレイナ。

 

ウンディーネは頷くと、とても良い気運の持ち主だと言います。

エルの気運なら、他の精霊も契約したがるだろうと。

その時、突然エルが笑いだしました。

 

ウンディーネはエルも自分の事が好きみたいだと喜び、大きくなったら契約しようと微笑みます。

レイナは二人の姿を見守りながら、エルの幸せを願うのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第10話感想

ついにエルを出産したレイナでしたが、前世と同じく彼を抱く事をためらってしまいます。

レイナの父親の言葉は、生まれ変わってもまだ彼女を苦しめるのですね。

突然レイナの胸にエルを乗せたエドハール。

 

彼の意図が分かりませんが、彼のおかげでレイナがエルを抱く事ができて本当に良かったです!

名付けもレイナの意見を尊重していたし、前世で冷たく当たっていたエドハールと同一人物とは思えません。

前世とは違って、今回は彼女の味方になってくれそうな予感がします。

 

ウンディーネはすっかりエルの虜に。

母親であるレイナに似て、エルの気運もいいようですね!

気運が甘いとは、どういう意味でしょうか。

 

エルの振舞いは、まるでウンディーネが見えているかのようです。

もしかしたらレイナを凌ぐ気運の持ち主かもしれませんね!

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第10話最新話と感想!エルの誕生まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」10話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ついにエルを出産したレイナでしたが、彼を抱く事をためらってしまいます。

見かねたエドハールは彼女の胸にエルを乗せ、抱くように諭すのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!