ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第9話最新話と感想!ウンディーネとの契約

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第9話のネタバレと感想をまとめてみました!

地下道に降り、たくさんの生存者を発見したレイナ。

家臣と共に救助活動に向かった彼女は、衝撃的な事実を知るのでした。

「ガラスの温室の公爵夫人」第9話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第9話最新話と感想!

導かれるままに

地下道を見つけた伯爵たちは、危険だからとレイナにここに残るように伝えます。

エルの為にも残るべきだと思ったレイナは従う事に。

しかし、エルが下に降りたがっていると伝えるウンディーネ。

 

エルの為に降りる事にしたレイナは、伯爵に魔法で下に降ろすよう指示しました。

伯爵は危険だと反対しましたが、セドリックは先に降りて危険がないか確認すると。

自分たちがレイナを守ればいいと提案するのでした。

新たな生存者

セドリックに説得された伯爵は、渋々魔法を使ってレイナを降ろす事に。

地下はたくさんの生存者で溢れていました。

皆、脱水症状が酷く、早く助けなければ危険な状態です。

 

この中の誰かが魔法で自分たちを呼んだようだと言うセドリック。

彼が魔力で感知してみると、一人の少年に辿り着きました。

少年からもの凄い魔力を感じるウンディーネ。

 

エルはこの少年に反応したのだと言います。

レイナがウンディーネの力を借りて少年に水を飲ませ、他の生存者の救助に向かおうとしたその時。

少年はレイナの腕を掴むと、学校にまだ人がいると伝えました。

 

少年から学校の場所を聞き、すぐさま向かう事にしたレイナ。

早速家臣に指示を出すと、自らも学校へと急ぐのでした。

ウンディーネとの契約

学校に到着したレイナたち。

燃え盛る学校の中にたくさんの人が取り残されているのを見つけ、言葉を失いました。

ウンディーネは自分だけの力では鎮火できないと言います。

 

契約すれば鎮火できると知ったレイナは、ウンディーネの忠告も聞かず彼女と契約する事に。

エルを失う危険はありますが、どうしても彼らを救いたかったのです。

ウンディーネと契約し、本格的に精霊の力を手にしたレイナ。

 

彼女の額に新たな印が現れました。

今までとは違う気運を感じ、まるで何でもできそうな錯覚に陥ります。

そしてウンディーネの力を借りた彼女は、あっという間に炎を鎮火したのです。

 

救助される生存者たちの姿を眺めながら、気を失ってしまったレイナ。

そんな彼女をエドハールが抱き留めるのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第9話感想

エルが降りたがっている事を知ったレイナは、地下道に降りる事に。

強力な魔力を持つ少年に反応したとの事ですが、エルにも何らかの能力があるのでしょうか。

この少年との出会いが、これから先レイナたちに何らかの影響を与えそうな気がします。

 

学校に生存者が残っていると聞き、早速現場に向かうレイナ。

学校はまだ鎮火されていなかったのですね!

あれだけの人がまだ残されていたとは驚きです。

 

残された人々を救う為、ウンディーネと契約したレイナ。

本格的に精霊の力を手に入れた彼女は、どこか雰囲気まで変わったように思います。

学校が無事鎮火されて生存者たちが救われたのは良かったですが、エルの身に影響がないのか心配です。

 

何故かレイナを抱き留めるエドハール。

彼は意味深な発言をしていましたね。

まるで前世のレイナの事を知っているような口ぶりが気になります!

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第9話最新話と感想!ウンディーネとの契約まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」8話のネタバレ、感想をご紹介しました。

地下道に降りたレイナは、他にも生存者がいる事を知ります。

生存者たちを助けたいと思った彼女は、自らの危険も顧みずウンディーネと契約を結ぶのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!