よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ92話最新話と感想!愛し合う二人

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」92話のネタバレと感想をまとめてみました!

房事を避けようとするセザールに痺れを切らしたカナリアは、セザールに馬乗りになります。

焦ったセザールが訳を話すと…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る92話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ92話最新話と感想!愛し合う二人

積極的なカナリア

カナリアは驚くセザールの寝間着に手をかけ、抵抗しようとするセザールを押さえました。

腰ひもを外し前をはだけさせると、セザールはぎゅっと目をつぶります。

 

セザールが恐る恐る目を開けると、自分に馬乗りになったカナリアがネグリジェを脱ごうとしていました。

慌てて、まだ5ヶ月と1週間残っているから駄目だと叫ぶセザール。

セザールとて、今日まで必死に我慢していたのです。

 

セザールは、恋愛に関するアンケート本に、体の関係は最低でも6ヶ月先だとあったのだと説明しました。

カナリアは呆れて、それは交際したてのカップルのことだと答えます。

そして、自分がいいといっているのに、いつまで本に頼るのかと怒りました。

 

ついにカナリアはセザールに対し、我慢の限界なのだと言ってしまいます。

真っ赤になったセザールを見て、我に返り羞恥心を感じるカナリア…。

 

セザールはようやく認識を改め、カナリアに覆いかぶさりました。

ずっとお互いに同じ思いであったことを知り、愛を確かめ合う二人…。

 

一転して積極的になったセザールに、カナリアは少し戸惑いました。

セザールは我慢の限界だった上に寝不足が加わり、本能がむき出しの状態なのです。

こんなに上手いのに今までなぜ逃げていたのかと、カナリアは不思議に思っていました。

カナリアの悪夢

眠りについたカナリアは、セザールが出征するときの夢を見ていました。

行かないでと言いながらセザールに手を伸ばすカナリア。

 

涙を流すカナリアを心配したセザールが、怖い夢を見たのかと声を掛けました。

目を覚ましたカナリアは震えながらセザールに抱き着き、もう置いていかないで欲しいと言って泣きます。

 

カナリアはセザールが出征してからずっと、セザールを止めなかったことを後悔していたのです。

だから、これからは例え戦場でもついて行くと決めていました。

 

もう二度と離れたくないと言ってセザールを抱きしめるカナリア。

セザールも、熱くカナリアを抱き寄せます。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る92話感想

やっと、二人とも正直になれて良かったです。

この分なら、お世継ぎの誕生も近いのかな~。

セザールに似て馬鹿正直な皇子だったら可愛すぎるでしょうね!

 

セザールもカナリアも、これまで皇后とファーンハム家に振り回されて大変でした。

命の危機を何度も乗り越えてやっと安心して暮らせるようになったのですから、この先は幸せになって欲しいです。

 

でも、まだジェラルドが何か企んでいますから、油断はできませんね。

やっと幸せになれたのに…と思いますが、まだこれから一波乱ありそうな予感がします。

とはいえカナリアは見た目によらず男前なので、何があっても立派な皇后になってセザールの力になるに違いありません!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ92話最新話まとめ!愛し合う二人

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る92話のネタバレと感想を紹介しました!

自分から襲うしかないと考えたカナリアですが、セザールは本に書いてあったことを理由に断ろうとします。

ついに、セザールの前で我慢の限界だと叫んでしまったカナリアでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!