よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ93話最新話と感想!皇太子妃になる準備

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」93話のネタバレと感想をまとめてみました!

カナリアは、皇太子妃になる準備のため忙しい生活を送っています。

セザールの側にいることを決めたのは自分だからと、張り切って活動に励んでいました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る93話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ93話最新話と感想!皇太子妃になる準備

寝室で朝食

カナリアは、二人分の朝食を寝室に用意してもらいました。

セザールはテーブルについても、まだぼーっとして寝ぼけているようです。

 

セザールは二日連続で徹夜していたので眠いのも当然でした。

カナリアは、何か食べれば目が覚めるかもしれないと思い、あーんして、と言って食べさせます。

 

カナリアの期待と異なり、セザールは恥ずかしがることなく平然としていました。

不愛想な顔で赤くなるのを見たかったカナリアは、少しがっかりです。

 

カナリアは、もう一度試してみようと、セザールに近寄りキスをしました。

しかしセザールは、表情を変えずキリっとした顔です。

 

それならばと、カナリアが愛してると言ってみると、セザールは真っ赤になりました。

カナリアは、可愛くてカッコいい夫がいることを幸せに思います。

皇太子妃になるための活動

カナリアは皇太子妃になるための準備を始めていました。

元老院の定期招集と国務会議を参観したり、様々な行事で祝辞を述べるのも仕事です。

 

また、国民が求める優しくて寛大な皇太子妃のイメージ作りのため、救済活動にも励みました。

そのとき、カナリアは初めて、首都の近くにとても貧しい町があることに気付きます。

 

皇帝はここ数年間領土の拡大に力を入れていました。

頻繁に起きた戦争のため帝国の軍事力は増強されましたが、穀物を栽培する農民は減ってしまっています。

 

その上、今年は降雨量が少なかったので食糧不足に悩む国民が増えました。

そのため、カナリアが行っている救済活動が必要なのです。

 

カナリアは、皇室の救済活動は一時しのぎにしかならないと考えました。

より根本的な問題解決のため、もっと有効な政策を立てるべきとグレイシーに話します。

 

カナリアが食料を配っていると、1人の男性がやってきました。

それは、久しぶりに会ったオスカーです。

 

オスカーは、ファーンハム家に閉じ込められていてやっと抜け出してきたのだと話しました。

そして、皇位継承について話があるので、皇宮の南の宮殿まで来て欲しいと言います。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る93話感想

カナリアはセザールとの生活が充実していて、仕事もやる気満々ですね!

国民の生活を自分の目で見て問題点を感じ、改善したいと考えているところは素晴らしいです。

グレイシーが思うように、カナリアはいい皇后になってくれそうですね。

 

でもカナリアは元々あまり体が強い方ではなかったはず。

無理をして倒れたりしないように、適度にお休みもとってほしいです。

 

オスカーの話とは何なのでしょうか。

セザールの皇位継承についての話となると、穏やかではありません。

 

オスカーが何を知っていて、カナリアに何を知らせたいのか、とても気になるところです。

ジェラルドに気付かれる前に、ちゃんと話ができるといいのですが…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ93話最新話まとめ!皇太子妃になる準備

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る93話のネタバレと感想を紹介しました!

カナリアは救済活動の途中、首都の近くに貧しい町があることに気付きます。

根本的な解決をするため、有効な政策が必要だと考えました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!