4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ第141話最新話と感想!不死鳥とイバン

4000年ぶりに帰還した大魔導士

「ピッコマ」連載漫画の「4000年ぶりに帰還した大魔導士」第141話のネタバレと感想をまとめてみました!

4000年ぶりに帰還した大魔導士の第141話ではフレイたちはシルキッドを目指します。

そしてイバンと対峙した不死鳥は?

「4000年ぶりに帰還した大魔導士」第141話のネタバレと感想を紹介します!

⇒4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ一覧と結末予想ページへ 

4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ第141話最新話と感想!不死鳥とイバン

ノーズドッグとアグニの対談

2人で話すノーズドッグとアグニ。

アグニはレイリンが消滅したことを気にしている様子でしたが、アグニは気にしないようにと忠告します。

ロードが変わったのかもしれないというアグニの言葉。

これからアグニが何か行動を起こすことはあるのでしょうか。

不死鳥とイバン

その頃、アグニのアポストルである不死鳥は、イバンと戦っていました。

自分を倒してくれと手加減する不死鳥ですが、イバンはもちろんとどめを刺しません。

そこに、やってくるデミゴッドのクリーチャーたち。

イバンは不死鳥を無視してデミゴッドのクリーチャーのところへ向かってしまいました。

不死鳥をアポストルにした理由

アグニとノーズドッグの話はアポストルのことになりました。

ロードのアポストルは大丈夫なものの、自分たちのアポストルは大丈夫だろうかという話に。

ノーズドッグのアポストルは悪魔なので問題なし。

アグニは不死鳥について、何か考えがあるようです。

シルキッドへ

その頃、フレイは旧友のシュハイザーを残してシルキッドへと向かっていました。

シュハイザーはまだ新しい身体に慣れていないため、1人残って調整をするらしいです。

ルネアにパラゴンのメンバーがいるため、シルキッドに向かう前にルネアに寄ることになったフレイ達。

ルネアではどんなパラゴンのメンバーが待っているのでしょうか。

4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ第141話感想

今回はシュハイザーもシルキッドへ向かうのかと思っていましたが、身体の調整のために残ることに。

ルーカスとシュハイザーの会話をもっと聞きたかったので少し残念に思います。

 

そして今回1番気になったのが、思わせっぷりなアグニです。

不死鳥をアポストルにした理由について、もしかして条件が揃えばアポストルなしのデミゴッドになれるかもといった表現をしていました。

これは不死鳥が1人の身体ではないことと関係したりするのでしょうかね?

フレイも不死鳥を倒すことを躊躇するような部分もあったので、これからどう不死鳥が絡んでいくのかも楽しみです。

 

デミゴッドのアポカリプス級の数も減りましたし、なんとか頑張って対抗していって欲しいですね!

4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ第141話最新話と感想!不死鳥とイバン

今回は漫画「4000年ぶりに帰還した大魔導士」141話のネタバレ、感想をご紹介しました。

しばらくはシュハイザーが登場しなさそうなのが少し残念ですね。

新しいパラゴンのメンバーが登場すると思うので、どんな人物なのか次回が気になります!

error: Content is protected !!