アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ103話最新話と感想!アイリスとイアンの協力

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」103話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリスの提案から会議があれ、リザ皇妃はそれを利用し、貴族に対するアイリスへの疑惑を植え付けるのでした。

アイリスはテリアに発電装置のタービンを3週間で作ってほしいと頼み、イアンの協力を得て、何かを考えているようでした。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」103話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ103話最新話と感想!アイリスとイアンの協力

証明

2日後、アイリスは術師の証明をするために呼び出されました。

皇帝に詐称したのかと問われたアイリス。

 

アイリスは一度も嘘を口にしたことがないと堂々とした態度で発言し、カーテシーをします。

貴族たちの中で術師とは、太陽が闇に呑まれてまた光がさしたときに、神の地に姿を現す者だと考えられていました。

 

それなのに、この世界に存在している者が神の代理人だと発言するアイリスを信用できず、ざわつきます。

アイリスは、私は一年前に一度命を失った身だと、自分が今まで隠していたことを公にしました。

溺れて数日生死をさまよい、その際に声を聞いたと話すアイリス。

 

近い将来、帝国が闇に飲み込まれること、獅子が病んで神が選んだ帝が崩れると予言される。

それを覆すために、アイリスは神の代理人となって赤狐の爪から帝国を守るようにお告げを頂いたと話します。

 

赤狐と言う言葉に、リザ皇妃は顔をしかめます。

そして、貴族たちの態度が変化し、ヒソヒソ話しだしました。

頭にきたリザ皇妃は、そのような言葉を証明できるのかと、皇室を侮辱したアイリスを罰するよう呼びかけます。

 

しかし、リザ皇妃が発言している途中で、アイリスとアイコンタクトしたテリアがボタンを押し、光が風に乗せられるようにアイリスの所に集まり、どこからともなく声が聞こえました。

私の代理者、光とともに歩む帝国の未来よ、欲望に目がくらんだ愚かなものを断罪せよという声は前皇帝の声だったことに、貴族たちは、思わず後ずさります。

作戦成功

前皇帝の声には、クラウド皇帝も驚きます。

アイリスの隣に立っていたイアンに確認し、イアンも認めると、周囲の皆はさらにざわめき、リザ皇妃も呆然とし、言葉が出ません。

 

唇をかみしめながらリザ皇妃は、ただひたすらに怒りを押さえていました。

予星館に戻ると、アイリスたちは作戦が成功したことに喜んでいました。

 

アイリスへの疑いも、今回の出来事をきっかけに収まるのでした。

前皇帝の声については、あらかじめ吹き込んだ声を機械音で再生したもので、イアンの声だとはみんなが知る由もありません。

今頃赤狐のリザ皇妃の宮殿は大騒ぎになっているだろうとイアンは言いました。

状況の変化

イアンが言う通り、リザ皇妃は、赤狐とは私のことに違いないと言い、怒りを収めることが出来ず、食器を手当り次第投げてていました。

リザ皇妃の兄グライフ伯爵は、あの言葉が本当かわからないと怒り狂うリザ皇妃をなだめます。

それに死んだ前皇帝がアイリスにすべてを託せる力があるなら、我ら兄妹に権力を乗っ取られることなく、何か対処することが出来たはずだと言いました。

 

本当に前皇帝があの弱々しいアイリス・フォレストを遣わせたものかと大笑いしだすリザ皇妃。

明らかにアイリスが皆を騙したのだろうと理解しましたが、リザ皇妃は現在表に出ることが出来ません。

 

表に出ることが出来ない理由が「赤狐」という単語のせいなら、心配はない、と言うグライフ侯爵。

そして、メス犬を黙らせるかと何かを企んでいる様子でした。

今アイリスに何かあれば、真っ先に疑われるのは自分だと言うリザ皇妃。

 

そうなれば、ルイが皇太子となる時期が遅れてしまう。

この状況にリザ皇妃は心の底から悔しがります。

リザ皇妃が自分をいいように利用していることにグライフ侯爵は苛立っていました。

 

その頃、ベッドで横になるアイリスは、イアンと2人で他愛のないやりとりをしています。

今までは、イアンからの愛を受け入れることはできないと考えていたアイリス。

しかし、今ではイアンからのメッセージがくることがこんなに嬉しいなんてと心から感じることが出来るのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~103話の感想

騒ぎ出す貴族たちをアイリスは見事説得させることが出来ました。

あの光をどうやって集めることが出来たのかは謎ですが、テリアの作った魔道具の効果なのかと思いました。

 

赤狐と言う単語を使えば、貴族たちを黙らせることが出来ると考えたアイリス。

綺麗な赤毛はリザ皇妃だけなので、ピンポイントでリザ皇妃だと思わせることが出来ます。

 

実際、本人も怒り狂って食器を投げまくっていましたから…。

アイリスからリザ皇妃への公開挑発と言ったところでしょうか。

アイリスは華麗に仕返しをしているようにも感じました。

 

リザ皇妃に腹立たしく思っていながらも、なだめて味方の立ち位置にいるグライフ侯爵ですが、彼は今後どんな風に動き出すのかも気になるところです。

アイリスとイアンは、着々と愛を深め合っていますが、今のところ2人を邪魔するものはいません。

今後2人に生涯になるものはないと思うのですが…どのように進展していくのでしょうか。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ103話最新話!アイリスとイアンの協力のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」103話のネタバレと感想をご紹介しました!

貴族たちに疑いをかけられていたアイリスは、四人衆皆の協力の元、貴族たちを黙らせることが出来、リザ皇妃は不利な状況になりました。

アイリスとイアンは、スマホでお互いにやり取りをしながら関係を深めていくのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!