アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ104話最新話と感想!イアンの秘密

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」104話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリスと四人衆の作戦によって、貴族たちにアイリスが術師だと信じ込ませることに成功し、リザ皇妃の立場が危うくなりました。

アイリスとイアンは、スマホでやり取りをしながら関係を深めていくのでした。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」104話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ104話最新話と感想!イアンの秘密

皇帝への警戒

アイリスとイアンはお互いのスマホを使ってメッセージのやり取りを楽しんでいました。

アイリスに教えてもらった絵文字もそこそこに使えるようになったイアン。

楽しいやり取りをしていた2人でしたが、イアンがアイリスに対してからかうようなメッセージをしてしまったことからアイリスはイアンからのメッセージをブロックしてしまうのでした。

 

後日、アイリスは皇帝から呼び出されます。

皇帝は、先代皇帝との会話を希望していましたが、可能でなければ伝言を頼みたいと言います。

皇帝がいい人であることは分かっているのですが、まだ完全に信用しきれていなかったため、真実を明かすことが出来ませんでした。

先代皇帝との約束

皇帝は兄である先代皇帝をとても愛しているようで、どうしても伝えなければいけない事があると言います。

弟に失望したのなら誤解だ、私は兄との約束を忘れてはいないし絶対に守ると話すクラウド皇帝。

 

引き出しから、君主が直接発令する聖旨の巻物をとりだし、皇帝はそれをアイリスに渡します。

巻物に書かれた内容を確認するアイリス。

巻物に書かれていた内容は、イアンの成人とともにイアンに皇位継承するという内容の誓約書で、先代皇帝と、当時公爵だったクラウド皇帝の印章が入っていました。

イアンの秘密

先代皇帝の病が重くなると、貴族達は皇太弟として教育をうけた、クラウド公子に譲位するよう勧めるのでした。

イリア公爵夫人は皇位に興味がなかったのですが、彼女の実家ラーガス侯爵はイリア皇妃とは考えが違っていたのです。

 

ラーガス侯爵とカマンディ侯爵が、クラウド公爵への譲位を強く主張し、2年も病に伏した兄には、それらを退けるほどの力がありませんでした。

クラウドは政争の中心になってしまい、イアンを守り切れるかはわからなかったので、イアンを守るために先代皇帝はある決意しをします。

 

先代皇帝は父同然の唯一の家族、クラウドは皇位に興味はなく、家族である兄の力になろうと考えていました。

これらの話を聞いたアイリスは、ではなぜイアンが成人しても皇位を譲位しなかったのかと問います。

すると皇帝は、イアンが絶命するからだと言うのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~104話の感想

今回は、アイリスが術師であることを信じ、皇帝はアイリスにいろいろと話してくれました。

隠された事実が次々と明らかになっていく回だったと思いました。

 

既にイアンの皇位継承は決定していたんですね。

でも、決定しているのにどうしてイアンは皇帝にはなれないのかが気になっていましたが、絶命すると聞かされて、新たな謎が出来ました。

 

どうして絶命するのでしょうか。

何か理由が分かっているのでしょうか。

それについてアイリスはなにやら解決方法を探す展開があるかもしれませんね。

 

皇帝は本当にいい人であってほしいと思います。

これだけ愛を愛しており、誓約書まで交わしてあるのですから、騙すなんてことはないと思いたいです。

次のストーリーも気になります。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ104話最新話!イアンの秘密のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」104話のネタバレと感想をご紹介しました!

アイリスとイアンは2人で楽しくやり取りをしていましたが、イアンからのからかうようなメッセージにアイリスはブロックしてしまいます。

クラウド皇帝に呼び出されたアイリスは、イアンが皇帝になれない秘密について知ることになるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!