その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ21話最新話と感想!真の強者

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」21話のネタバレと感想をまとめてみました!

元気がないメリッサを心配して、マーサはピクニックを提案するのですが…。

狼人間ジャックが屋敷に襲撃してたと思ったら、犬嫌いの弟ジェイクが応戦し、ピクニックどころではなくなってしまいました。

「その悪女に気をつけてください」21話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ21話最新話と感想!真の強者

くせ者同士の乱闘

屋根の上にいるジェイクに、拳を交えて勝負だと、屋根から降りるように言うジャック。

しかし、ジェイクはジャックの言葉に応じることなく、屋根の上から攻撃をします。

 

ジェイクの射撃は容赦ありません。

ジャックは器用に避けていき、周囲はどんどん荒らされていき、けが人も増えていきます。

派手にやり合う2人をあきれ顔で眺めるメリッサ。

 

ジェイクとジャックの戦いに、ポジェプラド邸はどんどん巻き込まれていきました。

あらされる庭を見て、庭師が嘆きます。

そんな周りの様子など目に入っていない様子で、ジェイクとジャックは戦いを続けます。

 

破壊されていくポジェプラド邸を目の前に、マーサはよろけながら歩み寄っていきます。

すると、足元の瓦礫に足を取られ、マーサは盛大に転んでしまい、メリッサはマーサに駆け寄ります。

マーサがけがをしたことで、メリッサはついに部ちぎれることになりました。

メリッサの怒り

いい加減にしろと、大声で響き渡るメリッサの突然の声に、ジェイクとジャックは驚いて停止しました。

周りを気にせず暴れまくる2人にメリッサはさらに発言を続けます。

片方は侵入者のくせにと言うと、ジャックはびくりと身体を震わせました。

 

もう片方は自分の家なのに、一緒に破壊し始めてとジェイクを指摘し、ジェイクもまた顔に汗をかいて何も言い返すことが出来ません。

私のこと忘れてないかと、圧倒的な威圧感で2人をにらみつけるメリッサに、2人はその恐怖に身動きをとることが出来なくなっていました。

 

公爵様の不在中は私がトップだと、メリッサは2人に圧力をかけ、ジャックには、言いたいことがあるなら正式にに出直するように言います。

ジャックは、怯みながら言い訳をするのですが、メリッサは容赦がありません。

 

髪の毛ぶち抜いてカーペットにする前にとっとと失せろと、威圧感たっぷりに言い放つメリッサに、ジャックはおとなしく黙りこくります。

ジェイクにも、屋根から降りるように言うメリッサ。

ぶつぶつ言い訳をしながら降りることを拒否しますが、これにもメリッサは圧力をかけて降りるように指示をします。

 

表情は無表情ですが、訴えかけるような眼をしているのを見て恐怖を覚え、ジェイクは小さな悲鳴をあげました。

メリッサに言われ、2人はオドオドとした様子でメリッサの前に並びます。

 

その目玉は飾りなのかと言い始め、周りのみんなが怯えている姿や壊れていく家も見えないのかと、目を釣り上げて続けました。

メリッサの言葉に、被害を受けた使用人たちが大きく賛同します。

自分の強さを自覚するように言い、ここで使うべき力じゃないと、メリッサは2人に諭しました。

 

弱者に恐怖を与える分際で天才スナイパーや高貴な狼人間なんてばかばかしい。

メリッサの言葉に使用人たちは感銘を受けます。

そして、2人はバツが悪いように、立場がありません。

 

ジャックには失せろと言い、ジェイクには後始末をしろと告げるメリッサを見て、使用人たちの中ではメリッサが女神のように輝いて見えるのでした。

始め!のメリッサの号令とともに、ジェイクとジャックはメリッサの事を、こいつは魔女だと怯えながら諾々と従うのでした。

メリッサの考え

頭痛に悩むメリッサ。

ズキズキとする部痛にまた息を吐きます。

 

あの2人がメリッサの言うことを聞いたのは今回が初めてでした。

ブチ切れて脅しを入れたことが良かったのかもと、メリッサは推測しています。

 

圧をかけて従わせたものの、その場だけのもので、後後になれば、俺らのが全然強えじゃん!とすぐに元に戻ってしまうだろうと、ズキズキした頭を抱えながらメリッサは考えていました。

今回の騒動でけがをした使用人たちがキラキラした目でメリッサの体調を気遣います。

 

一番手前のメイドが、主治医をお呼びしましょうかと尋ねると、メリッサは激しく動揺しました。

気が付けばメリッサの周りには多くの使用人が集まっており、今まで自分のことを煙たがっていたはずなのに…と不思議に感じます。

さっきメリッサが2人に諭している姿を見て、使用人たちは感動した様子。

 

一人ひとりそれぞれにメリッサに言葉を発するので、だんだん気恥ずかしくなるメリッサ。

メリッサは改めて、使用人たちの苦労を痛感し、給料が高くなければ辞めてもおかしくないと考えるのでした。

腹が立ってブチ切れただけなのですが、結果的に使用人たちをかばった形になったのです。

 

照れ隠しに視線を外して頬をかくメリッサでしたが、これも悪くはないと、少し笑うのでした。

こちらこそありがとうと、メリッサは使用人たちに感謝の言葉を伝えます。

その時のメリッサの顔は悪女には見えない表情をしており、メリッサの感謝の言葉に使用人たちは感動の涙を流すのでした。

 

数分後、使用人たちがやっと出ていくと、静かになった自室でこれがいつも続いたら…と面倒なくせ者たちを思い出します。

メリッサは小説の内容を思い返しました。

単純なジャックを手なづける方法は二つ。

 

ヒロインであるユーリの無限の愛によってとろけさせるか、今回のメリッサのように力で押さえつけるか。

メリッサは帝国最高の剣術の先生を紹介してほしいと頼みます。

その時のメリッサの顔は、悪女の表情になっていました。

その悪女に気をつけてください21話の感想

メリッサがブチ切れるだけで、2人は言うことを聞かずに無視して乱闘を続けるパターンは予想できますよね。

でも、まさかの展開にビックリしました。

 

そして、使用人たちからの評価が上がる…。

悪役からは想像できない感じがしますね。

 

カッコいい悪役って感じがしました。

大人しくしたがってしまう2人がちょっと可愛かったです。

ここまでは、カッコいい悪役…って感じで終わりましたが、剣術を習おうと思い始めたあたりからはやはり悪役はぶれていないんだなと思いました。

 

いい意味で裏切られたかと思えば、やはり読者を裏切らないメリッサの性格はすごく好きです。

剣術を習って、狼人間のジャックとどうやって対抗するのでしょうか。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ21話最新話!真の強者のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」21話のネタバレと感想をご紹介しました!

乱闘を続けるジャックとジェイクと一括で納めるメリッサ。

次回同じようなことがあった場合に備え、メリッサは剣術を習おうと考え始めるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!