アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ112話最新話と感想!腕相撲大会の腕前

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」112話のネタバレと感想をまとめてみました!

オスカー大公となぜか仮面祭りを楽しむことになるアイリス。

アイリスがこけた際に靴が脱げ、ローズと同じところにほくろがあるのを見かけるのでした。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」112話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ112話最新話と感想!腕相撲大会の腕前

腕相撲大会

アイリスとオスカー大公が突然いなくなったことが気になったイアン、ダニー、リュウの3人は、位置情報を使って捜すと、彼らが向かった先ではは、父対抗腕相撲大会が行われていました。

イアン達はオスカー大公を見つけると、どうして彼が腕部もう大会に参加しているのか疑問に感じます。

 

イアンは周辺を見まわし、リスの仮面をつけたアイリスを見つけ、心配したと近寄ります。

すると、オスカー大公が、3年連続チャンピオンを負かし腕相撲大会で優勝し、優勝賞品として大きな熊のぬいぐるみをもらいます。

それをアイリスに渡すと、アイリスは大きく喜ぶのでした。

父親のような存在

その後、アイリスを挟んで睨みあうイアンとオスカー大公。

その光景に、夫でも父でもないのにと、リュウとダニーは困惑しました。

アイリスは、オスカー大公の馬車に同乗し、オスカー大公の城へ一緒に向かいます。

 

城に到着するとオスカー大公のエスコートを受け、その光景を見たイアンは敗北したと感じ、がっくりしました。

ローヘンハイムに属するウィンハイト公国の元首であるオスカー大公に、使用人は彼を殿下と呼び、王として接します。

オスカー大公の執事ファイカンは、アイリスを見て、一瞬ハッとしました。

 

イアンに何故オスカー大公はアイリスを優しそうな目で見るのかわからないと言われたアイリスは、悪い方ではないと答えます。

実際、父のように接してもらえたことが、アイリスにとっても嬉しいことでした。

イアンは、アナキンなどアイリスの周りの人には負けるからと、父親のような大公の存在を苦手に思うのでした。

 

アイリスは、イアンの浮かない表情を気にし、父はきっと私達の仲を反対しなかっただろうと話します。

するとイアンは目を見開き、固まってしまいました。

オスカー大公は何故かモヤっとした気分になってしまいます。

カリザード夫人

その後、各々の客室に案内されました。

オスカー大公が執事のファイカンに声をかけると、彼は先ほどアイリスを見てハッとした理由を話します。

 

アイリスは、かつて自分が仕えていたカリザード夫人の若いころにそっくりだったと言う執事のファイカン。

顔はローズに似ているが、雰囲気や品格はカリザード夫人に似ているようだと話します。

オスカー大公は、彼女がローズに似ているだけでなく、自分の祖母に似ていると言われ、さらに考え込むのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ112話の感想

腕相撲大会で優勝するオスカー大公が微笑ましく感じました。

イアン達も、アイリスとオスカー大公を見て困惑していました。

 

オスカー大公も、アイリスのことを本当に自分の娘なのではと確信してきましたね。

イアンにとっては、自分たちの関係を阻む強敵が増えてしまったと思っているようです。

 

イアンのかなり焦っている様子も、少し微笑ましく感じました。

必死に捜し、できることならオスカー大公から引き離したいと考えているようすが感じ取れました。

 

またオスカー大公は、すっかりアイリスの父親気分で過ごしていましたが、アイリスはオスカー大公の祖母に似ていることが判明し、さらに考え込みます。

ここまで来たら、何をきっかけに確信することになるのでしょうか。

あとは、一度養女にしてしまったネラはどうなるのか、しばらく遠くに静養しているネラですが、妊娠した赤ちゃんはどうなるのでしょうか。

 

ネラを処罰する結末ではなく、改心させる結末があればと思います。

しかし、ネラのバックにエレナ大公妃がいると思いますが、マリアンヌを突き落とした上に妊娠までしているので、色々な問題をネラはどのように対処していくのか、いろいろな問題を抱えたネラのこの先にも注目です。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ112話最新話!のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」112話のネタバレと感想をご紹介しました!

アイリスの父親のような存在に感じるオスカー大公をあまり良く思っていないイアン。

一方で、見た目はローズに似ているが、品格やしぐさは祖母に似ていることから、オスカー大公はアイリスについてさらに考えるようになるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!