ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ50話最新話と感想!戻って来た本当のエステル

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」50話のネタバレと感想をまとめてみました!

苦悩の末に自分を取り戻すことができたエステルの物語です。

止めに入ったエメルとのやり取りの末に自分を取り戻せた!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった50話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ50話最新話と感想!戻って来た本当のエステル

心配するパパ

夜になり自室のベッドで横たわるエステルにパパは全て聞いたと語り掛けます。

傷ついたエステルの手を見つめて、パパはずっとこのままでもいいとため息をつきました。

 

どんな姿になっても大事な娘に変わりないと話すパパに声を出すこともできないエステルは涙を流します。

エステルの涙をぬぐい手を握ってパパは祈るようにきっとよくなると優しくつぶやきました。

エステルが考えた次の行動

夜明け頃に目を覚ましたエステルはいつの間にか眠ってしまったようです。

エステルはみんなに心配をかけてしまっていて早く元気になりたいと考えバルコニーに出ました。

手すりに足をかけ、2階なら落ちても命を落とすことはないと、また危険な考えに至ります。

 

そして、柵の上に立つと空を見あげました。

そこにジェーンとアニーが通りかかり、大慌てでエメルを呼びます。

エステルは慌てるみんなをよそに、飛び降りて早く治そうと考えていました。

 

片足を離したその瞬間エメルがしっかりとエステルを抱きかかえます。

エメルは守るという約束を果たせず、エステルをこんな状態にしてしまった、自分が飛び降りるべきだ強く主張しました。

否定したくても出来ないエステルと自分を責め続けるエメル。

自分を取り戻したエステル

伝わらない思いと伝えたい思いが交錯したエステルは突然エメルの手にかみつきました。

そして、エステルは声と感情を取り戻すことができます。

エステルはこれまでの思いを言葉に出し、大好きなみんなにつらい思いをしてほいわけじゃないと涙ながらに叫びました。

 

パパが駆けつけてきてエステルを呼びます。

エステルは走ってパパに抱きつきました。

 

泣きつかれたエステルは眠りにつき、目覚めるとパパが声をかけます。

欲しいものを聞かれたエステルはアニーに会いたいと伝えました。

 

アニーがやってくるとエステルは抱きつきます。

そしてやりたいことを全部伝えるエステル。

アニーはお帰りなさいとエステルを抱きしめ涙を流すのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ50話感想

パパのどんな姿になっても大事な娘に変わりないという言葉は胸を打たれましたね。

愛情の大きさをとても感じました。

その思いはしっかりとエステルに伝わったと思います。

 

しかしエステルはそれ以上にみんなに心配をかけることに心を痛め、早く治そうと考えていましたね。

その方法がまさかの2階から飛び降りる事とは・・・。

とても危険でエメルが止めてくれてホッとしました。

 

そのことがきっかけで元に戻ることができて本当に良かったです。

戻った瞬間エメルに説教するのは少し笑えました。

 

パパ、エメル、アニーはじめ、みんなホッとしたと思います。

本当に大変なつらいことがあったので、少し穏やかな日々が続いてくれるといいなと思いました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ50話最新話と感想!戻って来た本当のエステルまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」50話のネタバレ、感想をご紹介しました。

心配するパパのためにも早く治そうとエステルは2階から飛び降りようとします。

止に入ったエメルにエステルは自分の意思を伝えようと行動を起こしました。

そのことでエメルは自分を取り戻すことができて、アニーはお帰りなさいと抱きしめるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!