悪女の定義

悪女の定義ネタバレ99話最新話と感想!危機一髪

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」99話のネタバレと感想をまとめてみました!

突然現れた魔獣に襲われる芙美。

絶体絶命の状況の中、自分の名を呼ぶ声が聞こえました。

悪女の定義99話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ99話最新話と感想!危機一髪

九死に一生を得る

魔獣の大きな口が目の前に迫り、恐ろしさにその場から動けなくなってしまった芙美。

覚悟を決めたその時、皇太子が現れ、魔獣に剣を突き刺します。

魔獣は倒れ、駆け付けた皇太子はへたり込んでしまった芙美を優しく抱きしめました。

 

あまりの出来事に芙美は震えが止まりません。

人々が集まり、皇太子から怪我はないかと聞かれ、ようやく命が助かったことを実感します。

皇太子の胸に頭を預け、皇太子は本当に良かったと何度も繰り返します。

不安がぬぐえない

芙美は気が付いたら皇宮の自室に寝かされており、隣では心配そうな皇太子と、涙を流すばあやがいました。

侍女たちも不安な顔をして部屋で待機しており、狩猟祭はあのまま終了になったことを知ります。

 

ラティス卿が報告のためにやって来たと知らせが入り、芙美は皇太子と一緒に聞くことを望みました。

皇太子はまだ安静にしていてほしいと言いますが、なにもわからないまま寝ている方が不安です。

無理はしない約束をし、なぜ起こってしまったのか、一緒に報告を受けることにしました。

すべては調査中

ラティスは会場を囲っていた結界が破れたため、魔獣システインが入ってしまったと言います。

結界が破れた原因は調査中で、定期的に検査を行い、今朝も最後の点検を行った時は管理に問題はなかったと報告しました。

 

システインの怪力さに結界が負けてしまったのではないかと言うラティスに、皇太子は怖い表情を浮かべます。

結界に問題があったよりも、避けられない事故だったとした方が、得をする人が多いためです。

また皇太子の知識では、システインのような大型魔獣は会場の森には生息しておらず、徹底的に調査を行うよう言いつけます。

 

話を聞いていた芙美が、システインは強い魔獣なのかと質問すると、ラティスはシステインの恐ろしい特徴を説明し始めました。

その説明は恐ろしく、芙美がすぐに仕留められて良かったと言うと、ラティスは皇太子の剣術がすぐれていたためだと答えました。

一撃で即死させるのを見たのは初めてだと話すラティスに、皇太子は少し得意げです。

 

システインは敏感なため、近づくだけで困難なのだと説明するラティスの言葉を聞きながら、皇太子は何かが妙だと感じます。

その場で詳しい説明はせず、調査を確実に行うよう伝え、その場は解散になりました。

 

芙美を部屋に送りながら、皇太子は何が起こっても必ず守ると伝えます。

珍しい言葉に少し驚きながらも、芙美はその夜は安心して眠ることが出来ました。

悪女の定義99話感想

危機一髪、皇太子が現れ魔獣を倒しました!

方向を受けますが、まだ確かなことは何もわかっていません。

 

芙美が死を覚悟した瞬間に現れた皇太子は、とてもかっこよかったですね!

怪我をすることもなく無事に帰ってこれて良かったです。

 

皇太子の剣術の腕は優れているようですが、本当にそれだけでしょうか。

直前で不自然に退席した皇后のこともあり、なんだか裏で誰かの悪意を感じるような気がします!

 

普段そこにはいない魔獣が現れ、敏感にもかかわらず芙美のことめがけて襲うなんて、自然な流れではありません!

皇太子の言うよう、徹底的な調査が必要ですね。

 

芙美の騎士を務めていた第五皇子は何をしているのでしょうか。

あの場で駆け付けられなかったことで、第五皇子は自分を責めてしまっている気がします。

悪女の定義ネタバレ99話最新話と感想!危機一髪まとめ

今回は、「悪女の定義」99話のネタバレと感想を紹介しました!

皇太子によって一命をとりとめた芙美。

一体裏で何が起こっているのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!