アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ94話最新話と感想!ソフィの行方

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」94話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリスに真実を打ち明けようとしたソフィがネラとジアンニーによって狙われてしまいました。

ソフィを返せとすごい剣幕で怒鳴るアイリスでしたが、ネラの瞳はルビーに変わっていたのでした…。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」94話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ94話最新話と感想!ソフィの行方

ルビーアイの衝撃

ネラの瞳の色に驚くアイリス。

ネラはアイリスに生まれた時から世界は不公平だと感じていました。

 

身分も優しい家族も忠実なメイドも多くのものを持っているアイリスが許せなかったのです。

しかし、ネラのひがみはアイリスにとってはどうでもよく、ソフィーをどうしたのかだけを気にしていました。

ソフィをどうしたのかとアイリスがネラを掴むと、ウィンハイト大公妃に突き飛ばされてしまいます。

 

いくら幼い頃から親しい仲で育っているとはいえ、ネラは名実ともにウィンハイト大公の公女で私の娘だと主張するウィンハイト大公妃。

自分の娘を一方的に虐めることなど許されないとアイリスに警告し、アイリスは何もできずにその場を去って行きました。

平等

オスカー大公は、落ち込んだ様子で帰るアイリスを見かけました。

そこへネラが走り寄ってきたので、フォレスト侯爵と何かあったのかと尋ねると、少し誤解があったようだとネラは答えます。

ではその誤解は解いたのか、何故あのように絶望した表情で帰ったのかと指摘するオスカー大公。

 

ネラは反論することが出来ません。

フォレスト侯爵が突然押し掛けてきたのだと大公妃はネラを援護します。

善し悪しを言っているのではなく誤解は早めに解くようにと、そのまま立ち去るオスカー大公に、ネラは親子なのに何故こう固いことを言うのかと、不満になりました。

ソフィの行方

屋敷に戻ったアイリスは今回の出来事を受け入れることが出来ず、寝込んでいました。

自分が過去の経験と知恵だけで乗り切ろうとしたことによって、ネラの本性について見落としていたこと、考えが甘かったと痛感していました。

 

ネラの両親の行いによってネラも処断しておけばよかったとアイリスは悔やみます。

アイリスと仲が良かった幼い頃のネラはもういません。

アイリスを裏切ったあの時点でこの世からいなくなったのです。

 

ネラのことを考えて思わず涙がこぼれたアイリス。

しかし、ネラはアイリスがくじけるのを狙ってソフィーに手をだしたので、泣くのを止めました。

ダニーに頼んでソフィを探してもらっています。

 

処刑されたソフィーに、二度もこんな目に遭わせないでと訴えられる悪夢を見るアイリス。

気が付くと、アナキンがアイリスの手を握っていました。

悪夢でうなされるアイリスをアナキンとイアンが心配して来てくれたのです。

 

ソフィーはまだ見つかりません。

しかし、何の報せもないことがむしろ生存を裏付けるとイアンは話します。

アイリスは、ソフィーを必ず見つけると心に誓いました。

 

その頃ソフィーは、見慣れない屋敷で目を覚ました。

ネラとジアンニーに襲われたことは覚えていないようです。

ベッド脇には老いた夫妻がおり、ソフィーのことをミルケル・ルイブと呼び、自分達ルイブ伯家の一人娘だと言うのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ94話の感想

ネラはオスカー大公の娘に成りすまそうと前々から考えていたようですが、簡単にそんなことが出来るわけがないと思っていました。

しかし、どうなったのかそれがかなったことにまず驚きました。

 

どういう経緯でそうなったのか少し気になります。

大公は公正な人物なようで、少し一安心です。

でも、大公妃は肩入れしている様子…。

 

ネラは次はどんなことを企んでいるのでしょうか。

大公はアイリスもルビーアイなので気にならないのでしょうか。

いつか真実を知る時がくるといいなと思います。

 

ソフィーが生きていてホッとしましたが、まさかの記憶喪失でした。

でもどうして記憶喪失になったのか、ジアンニーが何かしたのでしょうか。

ソフィが生きていたことによって何か変わるのでしょうか。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ94話最新話!ソフィの行方のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」94話のネタバレと感想をご紹介しました!

アイリスはネラの瞳に驚きつつもソフィを返してほしいと迫りますが、大公妃によって追い返されてしまいます。

アイリスが気になっていたソフィは生きていましたが記憶喪失になっていました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!