悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時ネタバレ42話最新話と感想!人工精霊の登場

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女が恋に落ちた時」42話のネタバレと感想をまとめてみました!

主人公が外で1人喋っているのを、ガイルが影から見ていました。

悪女が恋に落ちた時42話のネタバレと感想を紹介していきます!

悪女が恋に落ちた時ネタバレ42話最新話と感想!人工精霊の登場

見ていたガイル

失うものはまだあると言った主人公に、ガイルは疑問を持ちます。

そこに皇太子が来て、どういう意味かと聞きました。

ガイルは、以前からルペルシャ皇女のことを見張っていましたが、その言葉が何を表しているのかが分かりません。

 

ガイルの元には、ルペルシャ皇女が体調不良であまり出歩かないことが報告されていました。

ですが、ガイルには今見ているルペルシャ皇女の姿が、ただの体調不良には見えません。

 

無力そうに見える姿に、まだ失うものがあるとは思えなかったのです。

ガイルと一緒に、ルペルシャ皇女のことを見ていた皇太子は何か隠されていると考え、ルペルシャ皇女を訪ねることを決めました。

日記のページを埋めた主人公

舞踏会の後、食事をとり、たくさん寝た主人公は夕方に起きました。

皇太子から連絡が来ているのではないかと思っていた主人公は、来ていないことに不安を感じます。

連絡が来なければ、アリエルの件での取引が持ちかけられません。

 

ですが、ただ連絡を待つだけではつまらないので、主人公は日記を書くことにしました。

昨日の出来事を書くと、ついに日記が全ページ埋まります。

しばらく待つと主人公の目の前に、人工精霊が現れました。

 

主人公の頭には、その人工精霊の名前である、ゼンという言葉が浮かびます。

人工精霊とは、人工精霊が日記を気にいると契約ができることになっています。

ゼンは、無事に契約してくれたものの、内容は一回読むだけで十分だと言いました。

 

ゼンは、主人公の日記の内容で気になる部分があります。

ジェインを助けた時に、自分の世界が美しくなるなどと書いてあったのです。

主人公は恥ずかしくなり、後でまた呼ぶからと、ゼンを日記に戻しました。

集中できないダニエル

ダニエルは、ギルドを終え、部屋に戻ってきます。

ルペルシャ皇女のことが頭にちらつき、なかなかギルドに集中できませんでした。

ダニエルは、手遅れにならないよう命を奪わなければと考えます。

 

ですが、ダニエルはルペルシャ皇女からある匂いを感じていました。

それが気になったダニエルは、やっぱり様子を見ることに決めるのでした。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ42話感想

ついに日記が埋まりましたね。

人工精霊のゼンが出てきてくれました。

そして契約も結んでくれました。

これによって、ゼンが今後色々と助けてくれることがあるのでしょうか。

 

ガイルが主人公のことをずっと監視していたのですね。

ですが、やっぱりラファエリスにかかっているというのはわかっていないようですね。

色々と探っていても意外とわからないものなのでしょうか。

 

もしラファエリスになっていることを知ったら皇太子はどうするのか気になります。

ダニエルはやっぱり、人工精霊に精通した国の出身なので、何かを感じ取ったようですね。

ラファエリスと人工精霊は関係があるようなので、ダニエルは何か知っているのでしょうか。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ42話最新話と感想!人工精霊の登場まとめ

今回は悪女が恋に落ちた時42話のネタバレと感想を紹介しました!

主人公が1人で外にいるのを、ガイルが見ていました。

その後部屋に戻りたくさん寝た主人公は、皇太子の連絡を待ちます。

待ちながら日記を書き、全ページ埋まると人工精霊のゼンが出てきました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!