悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す10話ネタバレ最新話と感想! オスカーとの出会い

スポンサーリンク

悪女は砂時計をひっくり返す10話ネタバレ最新話と感想! 悪女とオスカーと出会う

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『悪女は砂時計をひっくり返す」10話のネタバレと感想をまとめてみました!

ミエールのためカインがオスカーを呼び、アリアもオスカーと出会い、ミエールとカインの邪魔をすることにも成功します。

アリアは、自分の行いに落ち込み、室内庭園で水やりをしているとオスカーに対し不慮の事故を起こしてしまいました。

悪女は砂時計をひっくり返す第10話のネタバレと感想をしていきます!

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ10話最新話と感想!

早まったオスカーとの出会い

食事の時間、アリアの目の前で暗い表情のミエール。

刺繍ができないからか、アリアの部屋に出入りしている人がいるからか。

なんにせよアリアはとてもうれしい気持ちでした。

 

ベッドに飛び込むアリア。

ミエールは寮にいる兄カインに手紙を書き慰めてもらうに違いないのです。

アリアの目標は、ミエールの結婚を白紙にし、過去にやられてことをそっくり返すことです。

 

嬉しくてベッドでゴロゴロしていると、外が騒がしいことに気が付きました。

窓の外では侍女や庭師たちが作業に精を出しています。

ジェシーに確認してくるように命令するアリア。

 

誰だろうと考えているうちに、時計のチャイムで意識を戻します。

寝入ってしまっていたのでした。

規則正しい生活をしているせいでしょうが、お腹が空いて泣くのでした。

 

ジェシーを呼ぼうとしましたが、誰もいません。

部屋を出ながら、もう一人侍女を雇うべきと思います。

静かすぎる屋敷を、アリアは歩いています。

 

すると、ジェシーがアリアのほうへと駆けつけてきました。

何が起きたかすぐ理解します。

オスカー・フレデリックが来たのです。

 

ミエールは満面の笑みでオスカーに花束を渡しています。

カインが連れてきたようです。

ミエールが手紙を書いたからだろうか、と推察をめぐらしていると、オスカーの目がアリアの目に合いました。

 

オスカーは目礼をしますが、ミエールはアリアに気が付き、食事を用意したとオスカーの目線に飛び込みます。

カインも呼び掛けてランチを取る様子。

アリアは、ジェシーにドレスを用意させます。

 

アリアは時期が早まっていることに驚きますが、自分のやるべきことは分かっていました。

にこやかに3人が食事をしているところに、恐る恐る声をかけるアリア。

ミエールが驚く中、お邪魔なのだろうか、と言いながら、アリアはモジモジと姿を現します。

予定不調和を利用する悪女

思わずフォークを落とすミエール。

オスカーは、急にきて申し訳なかった、と謝罪をし慌てて立ち上がります。

彼がアリアの分の食事を早く、という指示にいいことに、アリアは、ミエールの隣の座席に着きました。

 

オスカーが礼儀正しく自己紹介をします。

ラッキーだと思うアリア。

アリアも自己紹介を返します。

 

アリアの美しい笑顔に、ポーっとなっているオスカー。

アリアは、ミエールの顔色の悪さとフォークが落ちていることを指摘し、心配の声を掛けます。

 

アリアは、ふと過去の自分のバカさに怒りを覚えます!

美しい売春婦と再婚した伯爵、アリアを邪険にするその息子、アリアを悪者に仕立て上げようとするミエールなんかに、命を奪われてしまった自分。

 

アリアが遠出の理由を確かめてみると、カインに誘われただけであり、ミエールに会いに来たわけではない、ということを察知します。

隣ではミエールはずっとうつむいたまま。

出された紅茶を薦めようとした瞬間、突然ミエールがオスカーに声を掛けます!

 

ドレスのお礼であり、お返しをしたいけれど、好みがわからない、と。

カインがオスカーに肘を突いて、僕もスーツを新しくしたいし、一緒に行こう、と声を掛けます。

しかし、あっさりとオスカーは拒否するのでした。

 

寧ろ兄弟で行ってきたら、とオスカーは、ミエールとカインに勧めます。

言われた二人は驚愕で、ミエールがお客様を置いては出かけられない、と言うのでした。

すると、アリアがいるから大丈夫、と言われ、言われたアリアもビックリ!

 

ミエールは歯ぎしりをし、そんなミエールの姿にカインも冷や汗。

オスカーは気軽な感じで、仮眠を取りたい、と。

ミエールが何かを言おうとするのを防ぎ、アリアが立ち上がりました。

 

仮眠をとるオスカーのために、カインとミエールに代わり、ベッドの準備を指示しておく、と。

オスカーは、いいスーツが見つかることを祈ると言い、部屋を出ようとし、ミエールも礼を示し彼に続こうとします。

カインとミエールは悔しさいっぱいに残されてしまうのでした。

上がったり下がったりする悪女の気持ち

部屋を出たアリアは、侍女が見ているにも関わらず、嬉しすぎて、つい軽やかにふわふわと踊ります。

ジェシーがハンカチはどうするかと尋ねます。

アリアは踊っていた手を止めて、我に返り、自分が持っていくと答えるのでした。

 

ハンカチは念のために持っては行っていたのですが、タイミング悪く渡せなかったのでした。

ベッドの上で転がりつつ、ハンカチを見ながら、ミエールがオスカーに渡すより先でないといけないので、念のために持ち歩くことにします。

実際に窓の外では馬車の音が響いており、アリアは2人が買い物に行くことになってしまった貴族の立場というものに同情をします。

 

ベッドの上で、周りに散らばっている本を手に取り、予習をすることにしました。

その本には、舞踏会で出会ってきた貴族たちの先祖が、英雄として載っています。

彼らは国民のためを名目に略奪や殺害をしてきており、頭も空っぽで自分のことしか考えていなくて、最低だ!と思うのでした。

一方で、過去の自分を思い出し、身分が変わってから浪費していたことや、その他諸々を思い出し、自分も同じだ、と、ことばを失くします。

 

落ち込んだアリアは気分転換をしようと、室内庭園へと向かいました。

赤いお花が咲き乱れていつも綺麗なところです。

メイドたちがちゃんと面倒を見てくれている様子が分かります。

 

じょうろで水やり。

気分が下がってしまったけど、今を楽しんでうまく利用することだと決意します。

水やりをして、すっきりした気持ちで戻ろう、と。

 

高いところに植えられている植物にも水をやろうと、脚立に上がります。

しかし、入口のドアの上にはあと少し届きません。

無理やりじょうろを押し出そうとした、そのとき・・・。

 

ちょうどドアが開いて、誰かが入ってきたところへ、じょうろから結構な水が零れ落ちました!

その人物が驚いて声を上げたので、アリアは気配もなかったのに、と、慌てて脚立を降ります。

 

ワタワタしていたアリアの目に飛び込んできたのは、びしょ濡れになってしまったオスカーでした!

悪女は砂時計をひっくり返す10話感想

おお~、こうやってオスカー登場なんだ!とおもしろく感じた今回でした。

ミエールは兄カインを利用してオスカーを屋敷に呼ぶことに成功したのですが、これがまさかオスカーとアリアとの出会いをももたらしてしまうことになるとは、皮肉ですね。

 

しかし、最初っからオスカーの反応は、ちょっとアリアに気がありげな感じに描かれている気がするのは、私だけでしょうか?

さすがに姿を現しているアリアがいたのをスルーして、三人だけで食事をしようとか、ミエールとカインがあからさますぎてびっくりしました。

ずうずうしく乗り込んでいくアリアもアリアですが、状況としてはオスカーも反応している通り、不自然極まりないわけです。

 

オスカーは、アリアに対し気になっている感ありありで、しかもミエール、カインを放置して、屋敷に残るとかいうのは、オスカーもアリアと話したい気持ちがあるからなんじゃないでしょうか。

アリアはオスカーには気がないので、オスカーのそんな様子をあまり気にしている様子はないですけれども。

 

アリアが貴族たちを嫌悪するものの、過去の自分や、今の自分のことを考えて、へこんでしまっている姿を見ると、ちょっとかわいそうな気持ちになってきます。

無残な過去のせいで同じことを繰り返したくないという気持ちだけなのに。

 

さてさて、オスカーに水をぶちまけたアリアですが、せっかくうまくいっていたのに、まさに水を差してしまう感じで、いったいどうなっちゃうのかドキドキですねぇ~。

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ10話最新話まとめ!オスカーとの出会い

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」10話のネタバレと感想を紹介しました!

へこんでいるミエールを見て嬉しくて仕方ないアリアですが、うっかり寝てしまっている間に、カインがミエールに頼まれてオスカーを屋敷に連れてきていました。

ミエール、カイン、オスカーでランチを取っているところに入り込んだアリアは、オスカーに自分に対して良い印象を与え、さらに状況を探り理解していきます。

 

カインが、ミエール、オスカーで出かけようという誘いに対し、オスカーは屋敷で仮眠をとると断り、アリアは嬉しすぎて踊りまくるのでした。

ハンカチを渡そうと持ち歩くことを決め、授業の予習をしようと過去の貴族の記録の本を読んでいるうちに、過去の自分や今の自分の姿を照らし合わせて、落ち込んでしまいます。

 

気分転換に室内庭園でお花に水やりをやっていたアリアですが、高いところで作業をしているうちにうっかりオスカーに水を掛け、彼をびしょ濡れにしてしまうのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!