悪女の定義

悪女の定義ネタバレ119話最新話と感想!激昂する皇后

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」119話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリーンが不利になる証拠の発見に慌て激昂する皇后。

そろそろ芙美も黙って見ていられません。

悪女の定義119話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ119話最新話と感想!激昂する皇后

皇太子の盾

芙美の言葉に激昂する皇后ですが、皇后に捜査を邪魔されてしまえば被害を受けるのは芙美です。

引き下がることなく、諫言を行うことも忠臣の役目だと主張すると、怒りを抑えられない皇后は芙美に向かって手を振り上げました。

 

芙美は身をすくめますが、この状況を終わらせるには殴られることが必要だと考え、受け入れようとします。

覚悟を決めた芙美でしたが、鈍い音が響いても頬は痛くありません。

不思議に思い目を開けると、目の前で盾になってくれていたのは皇太子でした。

皇太子からの正論

芙美に怪我はないかと心配する皇太子を見た皇后は、色欲に惑わされてはいけないと声を張り上げます。

皇太子はその言葉に、彼女はいつも正しい方向に導いてくれる存在だと返し、皇后にも諫言したとおりだと言います。

国法を守るべき皇族の立場を思い出したかと聞くと、皇后は表情を歪ませ、自分に対する礼儀が感じられないと主張してきました。

 

権威だけを主張する姿に胸が痛むと言うと、皇后は返す言葉がありません。

その場にいた誰一人が動けず、張り詰めた空気が漂う中、ようやく動いたのは皇后の侍女たちでした。

皇太子の態度に大きなショックを受けた皇后は、彼女たちに連れられて部屋へ戻ります。

 

嵐が去り、芙美が皇太子に大丈夫かと聞くと、皇太子は痛いと答え芙美を抱きしめます。

声の調子は痛くもなさそうでしたが、ひとまず自分の部屋で手当てをすることにしました。

皇后との記憶

大きく頬が腫れた皇太子を見た侍女たちは驚きますが、水と手拭いを用意し頬を冷やす準備をしてくれました。

芙美を心配し続ける皇太子に、人の心配をしている場合ではないと言うと、皇太子は慣れていると答えます。

皇后は昔から起こると感情をコントロールできず、過激な行動に出ることが何度もありました。

 

芙美はその言葉を聞き、親がいつも正しいわけではなく、親によって傷つけられることもあると慰めます。

皇太子は芙美もそんな風に思うのかと意外そうですが、芙美が思い出していたのは前世の親でした。

 

理解を示されたことで、皇太子はカイロン公爵と父親からの支持を失った時の話を始めます。

まだ9歳だった皇太子に皇后は強く当たり、思い出すだけでも皇太子の表情は辛そうでした。

芙美は話を聞きながら、肩に頭を預けて寄りかかってきた皇太子の背中を優しく撫でます。

悪女の定義119話感想

怒りから手を挙げた皇后から守ってくれたのは皇太子でした!

昔から怒りをコントロールできない皇后に、皇太子はつらい思いを重ねてきたようです。

 

皇后はすぐに手を出しましたね!

良い年のはずなのに自分の怒りもコントロールできないなんて、人の上に立てる器ではないでしょう。

芙美のことがとても憎いのでしょうが、もう少しまともな存在がいたはずなのにといつも思います。

 

抵抗もせず受け入れようとした芙美を守ったのは皇太子でした。

彼はいつもタイミングよく芙美を助けてくれますね!

そういった点では本当に王子のようで、頼れる彼氏になりそうです!

 

皇太子は過去に皇后からどのように接されていたのでしょうか。

皇帝の時はそうでもなさそうだったのに比べ、思い出すだけで辛い皇后との記憶は、どれだけ酷かったか想像できます。

ただ明るいシャルティアナではなく、暗い部分も持った芙美だからこそ、皇太子に寄り添うことが出来るのだろうなと思いました!

悪女の定義ネタバレ119話最新話と感想!激昂する皇后まとめ

今回は、「悪女の定義」119話のネタバレと感想を紹介しました!

皇后との辛い記憶を離す皇太子。

問題児皇后からの邪魔に対抗できるのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!