悪女の定義

悪女の定義ネタバレ120話最新話と感想!裁かれるアイリーン

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」120話のネタバレと感想をまとめてみました!

過去の辛い話をしたことで、さらに距離が縮まったふたり。

いちゃいちゃの時間が増え、業務に支障が出始めます。

悪女の定義120話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ120話最新話と感想!裁かれるアイリーン

遅くまでの通信

皇太子は自分の過去を芙美に話したことで心地よさを思い出したのか、また頻繁に会いに来たり、通信具で連絡をしてくるようになりました。

飲毒事件をきっかけに連絡を控えていましたが、アイリーンは少しずつ目覚めることが出来るほど回復してきています。

事件が解決に向かう安心感もあり、ふたりは夜遅くまで連絡を取り続けることもありました。

 

ある日の午前中、寝不足からうたたねをしていると、エディスが起こしてくれます。

書類に目を通さなくてはなりませんが、眠気でなかなか進みません。

エディスが眠気覚ましのお茶を用意してくれた時、皇太子が部屋へやってきました。

 

同じく寝不足の皇太子と一緒に眠気覚ましのお茶を飲んでいると、庭園で散歩でもしないかと誘われます。

仕事があるからと断りかけますが、あからさまに落ち込む皇太子の姿を見て、芙美は受け入れてしまいました。

お説教

庭園へ行くため部屋から出ると、シャリアン卿と出くわします。

喜ぶ芙美ですが、業務中のはずなのにどこへ行くのかと指摘され、ふたりは焦ります。

中で話せるかと聞かれ、すぐに二人は部屋へ戻ることになりました。

 

シャリアン卿は皇宮が忙しいことを配慮しつつも、受け持った仕事は責任をもって成し遂げてもらわないと困ると諫言します。

皇太子は自分が誘ったのだから芙美を怒らないようにと言いますが、皇太子自身の最近の業務の遅れを指摘され、返す言葉がありません。

責任感のある姿を見せてほしいと言われ、ふたりは反省し業務に戻ります。

アイリーンの運命は

はっきりと目が覚めたアイリーンは、自分が審問に欠けられることに腹を立てます。

自分は被害者だと主張しますが、プランチェット伯爵夫人は、既に証拠が見つかっていることを伝えました。

夫人はそこまでする必要があったのかと問い、自分も不名誉を被ったが、それよりも今はアイリーンを心配する気持ちの方が大きいと言います。

 

夫人に対し私はやっていないの一点張りだったアイリーンは、審問にかけられている間も容疑を否認し続けますが、結局は自作自演を認めました。

精神の不安定さを考慮され皇室欺瞞罪で済みましたが、レジーナの資格のはく奪と、実家の爵位はく奪、財産の没収と帝都からの追放は避けられませんでした。

芙美はその報告を受け、アイリーンがいなくなったことに不思議な気持ちになります。

悪女の定義120話感想

度を越えて二人の時間を満喫する芙美と皇太子は、シャリアン卿に怒られてしまいました。

そしてアイリーンは追放が決定します!

 

2人はラブラブなのは良いですが、やはり業務を放棄し迷惑をかけてまでのラブラブはいけませんね。

現代で言う“バカップル”のようなものだったのでしょう。

尊敬するシャリアン卿に怒られたので、ふたりは気持ちを入れ替えて業務に励んでほしいです!

 

そしてアイリーンがようやく裁かれました!

最後の足掻きでしたが、思った通りには行かず、皇宮の追放だけでなく家族もろとも帝都から追放されてしまいました。

代償はあまりにも大きく、プランチェット伯爵夫人の言う通り、そこまでする必要があったのかなと思ってしまいます。

 

幸い命は守られたので、心を入れ替えてつつましく過ごしてほしいですが、彼女ならそうもいかないでしょう。

最後に芙美に何かしてこないか心配です!

悪女の定義ネタバレ120話最新話と感想!裁かれるアイリーンまとめ

今回は、「悪女の定義」120話のネタバレと感想を紹介しました!

追放されたアイリーン。

皇后になるのは芙美で決定しましたが、うまく穏やかにことが収まるのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!