悪女の定義

悪女の定義ネタバレ45話最新話と感想!二人で村の散策

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」45話のネタバレと感想をまとめてみました!

お酒を飲みすぎ眠ってしまった芙美。

翌日は休憩もかねて村の散策をしますが、郊外の地域は予想以上に荒れていました。

悪女の定義45話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ45話最新話と感想!散策

二日酔い

飲み比べをした翌日、目が覚めた芙美は二日酔いから頭痛がします。

朝食を取りながら今日の予定を立てますが、皇太子はそんな芙美の様子を見て休むことを勧めました。

緑化事業はまた別で見に行けばいいと言われ、芙美もこの頭痛で馬車には乗れないと思います。

 

しかし、芙美には早く地域を見に行きたい気持ちが強くありました。

それなら午前は村を散策し、午後に視察へ行くのはどうかという提案に、芙美は喜んで賛成します。

 

軽い変装をして二人は村市場へ出かけました。

目立ちすぎていると指摘する芙美に、皇太子はまず呼び方を変えたほうがいいと言います。

普段呼んでいる殿下は勿論、名前も危ないので、レオと呼んでもらおうと言う皇太子に、芙美は固まりました。

隙あらばからかい楽しそうな皇太子に腹が立ちますが、この場合は仕方がないと諦めます。

買い物

実は魔法で目立たないようにしてあると言われ、安心した芙美はショッピングを始めました。

散々からかわれたお返しに、あらゆる店に入り、売れなさそうなものを選んで購入を続けます。

 

なぜ同じようなものを買うのかと聞く皇太子に、経済を回すためだと説明すると、少し笑って納得してくれました。

 

買い物を終えた二人はカフェで一休みします。

予想よりも村に活気があったという芙美の言葉に対し、皇太子は緑化事業の効果だと言いました。

 

雨が降らなさすぎることが問題だと続ける皇太子に、そればかりは人がどうにかできる問題ではないと返します。

正しい方向に進んでいることは確かだから、今はそれで充分だと元気づけました。

その言葉に皇太子の表情も少し明るくなります。

貧困地域

市場から少し離れ、二人は郊外へ向かいます。

市場とは打って変わった廃れた様子を見た芙美は、この地域は緑化事業の恩恵を受けていないのかと聞きました。

すると皇太子は、彼らは目先の大金にとらわれた結果、金だけ受け取り職を他へ売ってしまったのだと言います。

 

そんな人々を救うためにもさらにショッピングをしなくてはと、芙美は買い物を再開しました。

大量の荷物に皇太子の腕が痛くなってきたころ、ある子供が皇太子にぶつかりよろけてしまいます。

芙美は大丈夫かと声をかけますが、皇太子はこれまで買った品物を投げ捨て、逃げようとする子供を鬼の形相で追いかけ捕まえました。

 

いったい何が起こったのか、芙美にはわかりません。

悪女の定義45話感想

芙美と皇太子が西部地域を探索していました!

 

色々なお店で爆買いする芙美は、とても生き生きとしていましたね。

好きなだけショッピングするというのは、お金持ちになったら一度はしてみたいことランキングナンバーワンです!

 

また、隙あらばからかい芙美との距離を近づけようとする皇太子と、それを逆手にとって好きに動く芙美は、なんだかんだ良い関係性に見えます!

二人の考え方なども似ているのではないかと、買い物のくだりを見て感じました。

エトゥスで近づく二人の距離は、想像以上のものになりそうです!

 

そして最後の方では不穏な動きがありましたね。

皇太子は普段表情に出ないので、目がしっかり怒っている姿は珍しかったです。

幼い子供相手に何をそんなに怒っているのか気になりますね。

悪女の定義ネタバレ45話最新話と感想!散策まとめ

今回は、「悪女の定義」45話のネタバレと感想を紹介しました!

西部地域の散策を楽しむ二人。

しかし郊外で何やらトラブルが発生したようです。

怒る皇太子も珍しく、いったい何が起こったのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!