悪女の定義

悪女の定義ネタバレ59話最新話と感想!敵が増えた

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」59話のネタバレと感想をまとめてみました!

エトゥスから帰って来た芙美。

宮廷で待っていたのは、予想通りアイリーンについての問題でした。

悪女の定義59話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ59話最新話と感想!敵が増えた

新興貴族

日常が戻ると、すぐにエディスとエスターが深刻な顔で部屋を訪れてきました。

アイリーンのことで話があると切り出され、休暇中に参加していたパーティーで、新興貴族たちと会話をしていたことを報告されました。

 

セオフェル伯爵やノリエン伯爵などの大物と話していたことや、彼らがどういう人かも説明されます。

それを聞いた芙美は、アイリーンも自分がいない間に支持者を集めていたのだと考えます。

貴族派と皇后

二人が部屋から出ていくと、入れ違いでラブエルが入ってきました。

ラブエルもまた、アイリーンについて話があると切り出し、アイリーンが貴族派と親交を深めていたことを報告します。

 

皇太子の恋人でありながら、皇太子の敵対勢力ともいえる貴族派と関わることは、ある意味裏切りです。

その行動が皇太子の指示によるものなのか、単独行動なのかわかりません。

皇太子はカイロン家を恨んでいるはずなので、新興貴族や貴族派を利用しカイロンを追い詰めようとしている可能性もあります。

しかし芙美の頭の中ではエトゥスでの皇太子がちらつき、何が起こっているのかよくわかりません。

 

ラブエルの話はそれだけでは終わらず、アイリーンが皇后と親交を持ったことも報告されました。

皇后がよくアイリーンを受け入れたと驚きながらも、皇后は皇帝派出身ではなかったのかと聞きます。

ラブエルは、皇帝派の首長の座を奪いたいと思っている連中の代表が、皇后の出身であるマルケル伯爵家だと説明します。

 

新興貴族に貴族派、皇后とカイロンの座を奪おうとする人々に境なく手を伸ばされたことを知り、芙美は頭を抱えました。

逆境に燃える芙美

あまりにも目立つアイリーンの行動を考えた芙美は、やはり皇太子の指示なのではないかと疑い始めました。

そうでなければ、皇太子を真正面から裏切るような行動となるためです。

 

皇太子が仕組んだ罠が巧妙であればあるほど、芙美の闘志は湧いてきます。

以前弱みを握ったメイドを呼びつけ事の詳細を聞き、エディスには貴族令嬢の集まりで芙美の良い噂を流すことを頼みました。

 

そして皇帝との単独謁見に向けての準備も始めます。

集中して作業をしていると、セシリアが部屋へ入ってきました。

邪魔しないように伝えたと言いかけますが、セシリアに皇太子が見えたと告げられ、芙美はびっくりです。

悪女の定義59話感想

エトゥスが終わった途端、アイリーンの行動の数々に頭を悩まされます!

 

新興貴族、貴族派、皇后など、よくそんなにカイロン家を陥れたい人々を探し出すことが出来ましたね。

過程を読んでいても種類が多く把握できていなかったので、今回改めてカイロン家の敵の多さを感じました。

上の立場に立てば立つほど危険は増えるのでしょう。

カイロン家の公女というだけでも大変なのに、レジーナとして芙美は本当によくやっています。

 

また、アイリーンのしたたかさは群を抜いていますね。

交友関係の特徴が、“カイロン家を嫌いである事“だけになってしまっています。

自分の魅力ではなく、彼らを利用する形で支持を集めるアイリーンは、果たしてうまくいくのでしょうか。

そして皇后の背景を知り、思わぬ強敵が現れたことに気が付きました。

もしかしたら最大の壁はアイリーンではなく皇后になるかもしれません。

悪女の定義ネタバレ59話最新話と感想!敵が増えたまとめ

今回は、「悪女の定義」59話のネタバレと感想を紹介しました!

留守中のアイリーンの行動には、読んでいてこちらも頭を抱えたくなるようなものばかりでした。

必死に立ち向かう芙美を突然訪ねてきた皇太子は、いったい何の用なのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!