悪女の定義

悪女の定義ネタバレ60話最新話と感想!互いの願いが叶うように

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」60話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリーンの行動を知り、皇太子への警戒心が復活した芙美。

しかし急に訪ねてきた皇太子から散歩に誘われます。

悪女の定義60話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ60話最新話と感想!互いの願いが叶うように

突然の来訪

前触れなく芙美の部屋に来た皇太子は、旅の疲れは取れたかと聞きます。

何か悪い話で来たわけではなさそうです。

それでもアイリーンの行動を知った芙美は、皇太子への警戒を緩めることはできませんでした。

 

アイリーンが手を出した人々は、全員がカイロン家を良く思わない人々です。

そのためアイリーン独自の行動よりは、カイロン家を恨む皇太子の指示によるものだと考えた方が自然でした。

 

お茶を用意すると言った芙美に、皇太子は少し外を歩かないかと提案します。

ただの散歩?

皇太子が侍女たちについてこないよう指示したため、芙美はてっきり重大な話があるのかと構えます。

しかし皇太子の口から出てくるのは、他愛もない雑談ばかりでした。

 

警戒を解かない芙美を見て、数日で別人のようだと皇太子は言います。

宮廷なのだから当然だと返しますが、自分と2人の時は今更とりつくろわなくていいと言われ、その通りだと納得しました。

 

人払いもしているし、見られても構わないと言った皇太子は、芙美に目を合わせて気安く接して良いと伝えます。

突然のその言葉に芙美は驚きますが、本当かと確認し、力を抜くことが出来ました。

皇太子は自分で言っておきながらも、芙美が調子を取り戻した様子に不安な表情を浮かべます。

はっきりさせよう

皇太子の以前と変わらぬ様子を見た芙美は、以前言われたように、皇太子のことを尊重はしていると伝えます。

しかしどうしても信じることはできないと言い、互いが互いの味方ではないことをこの場ではっきりさせたいと伝えました。

そのストレートな言葉に皇太子は、芙美の冷静に物事を見るところを好ましく思うと返します。

 

芙美には皇太子の考えを見透かすことはできないため、直接聞くしかありません。

カイロン家を没落させたい気持ちがまだあるのか、それとも変わったのかを知るため、皇太子の目的は以前と同じなのかと問いかけます。

その質問に皇太子は、帝国の繁栄と平和を願う気持ちは変わっていないと返します。

しかしその目的のための過程は変わるかもしれないと答えました。

 

芙美は何を望むのかと聞かれ、皇太子と同じだと答えます。

手に入れた大切なものを失わないよう、国の君主になることが芙美の望みです。

 

その言葉を聞いた皇太子は、互いの安寧と成功を祈る挨拶として手を伸ばしました。

芙美はその掌に自分の掌を重ね、互いの進む道がぶつかることが無いよう願います。

悪女の定義60話感想

もやもやとした気持ちを抱えていた芙美は、皇太子に直接質問します!

 

急に来て何事かと思いましたが、単純に芙美と話したかったのでしょう。

ポーカーフェイスでわかりにくかったですが、気安く接して良いという言葉はストレートすぎてこっちが恥ずかしいです!

芙美のこと大好きすぎますね!

 

芙美は皇太子を疑っていますし、過去や背景を考えるとその気持ちもわかりますが、今の皇太子だけを見れば皇太子の指示ではなさそうです。

アイリーンの行動は独自のものではないでしょうか。

したたかすぎて怖いですが、シャルティアナを恨む人が減っている中、カイロン家を恨む人が必要なのは明らかなので、違和感はありません。

 

皇太子がアイリーンと付き合っているというのもあまりピンと来ません。

芙美は焦っていますが、状況は思っているほど悪くはないのではないでしょうか!

悪女の定義ネタバレ60話最新話と感想!互いの願いが叶うようにまとめ

今回は、「悪女の定義」60話のネタバレと感想を紹介しました!

皇太子の気持ちを直接聞き、互いの立場をはっきりさせた芙美。

それぞれの立場と気持ちが入り混じり、事態はより複雑になっていきそうです!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!