悪女の定義

悪女の定義ネタバレ62話最新話と感想!皇帝への怒り

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」62話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝からの協力は得られなさそうだと気が付く芙美。

その理由は皇太子との関係が絡んでいるようです。

悪女の定義62話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ62話最新話と感想!皇帝への怒り

皇帝の告白

皇帝は皇太子との関係について話し始めます。

皇帝は皇太子が産まれた頃から、次期皇帝だと言い聞かせて育ててきました。

しかし第7皇子が産まれてからは、カイロン家同様第7皇子こそがふさわしいと考え、幼い皇太子にもその心変わりが伝わっていたそうです。

 

そこまでの話は芙美も知っていました。

しかし話は続きます。

第7皇子が亡くなったあとも、皇帝は第7皇子と皇太子を比べ続けました。

 

亡者に勝てるはずもなく、その行動は皇太子に大きな傷を残してしまったそうです。

その結果冷淡になってしまったと皇帝は話します。

無責任な父親

話を聞いた芙美は、怒りのあまり表情を取り繕うことも出来ませんでした。

芙美も前世で比べられて育ったため、どれだけ酷なことかが身に染みてわかるのです。

 

皇太子はひねくれることもなく、国民を苦しみから救うため悩み、正しく真っ直ぐに成長しました。

そんな立派な皇太子とは反対に、芙美の目には皇帝が無責任な人に映ります。

過去に傷つけてしまったから、今はもう皇太子には何も言わず、カイロン家が脅かされても傍観しているのです。

 

気が済まない芙美は、皇帝は皇太子のことを信じていないのだと言います。

皇太子はたとえ傷を受けても打ち勝てる強い人だと言うと、皇帝は驚きました。

 

怒る芙美に対し皇帝は、やはり皇后になって欲しいと伝えますが、手助けをする気は無いという態度は変わりません。

去り際に、芙美なら皇太子の傷を癒せるかもしれないと言われ、芙美の怒りは頂点に達しました。

謁見の成果

謁見で得るものは何も無く、不快な気持ちで芙美は部屋に戻ります。

イライラが収まらない芙美に、皇帝からプレゼントが届きました。

謁見後、レジーナたちにプレゼントを贈る慣例があるのです。

 

あまり興味も持てませんでしたが、蓋を開けるとそこにはオペラ色のダイヤモンドでできたアクセサリーがありました。

商団をまとめているラブエルも、これほど素晴らしいものは見た事がないと言います。

アイリーンには平凡なルビーが贈られたそうです。

 

また芙美には追加で、皇室のみで栽培される貴重な茶葉が贈られました。

入れ物も金より高価な銀でできており、アイリーンとの差は明白です。

 

消極的な支持の表明にモヤモヤしますが、利用は出来そうだと考えます。

アイリーンが茶葉を受け取れなかったのは心苦しいから分けてあげたいと言うと、エディスはニヤリと笑い同調しました。

皇帝は自分側についたのだと思わせることくらいは出来そうです。

悪女の定義62話感想

皇帝の話に怒る芙美に届いたのは、皇帝からの支持を示す素晴らしいプレゼントでした!

 

皇帝は良くない父親だったみたいですね。

責任感の強い皇太子とは対照的です!

しかし皇帝も皇太子も、良い国にするためという想いが強すぎるが故に、周りの人を傷つける行動をしてしまうところは似ていると思いました。

 

皇太子の性格は難ありだと思っていたので、悩み努力して育ったことがわかり良かったです!

また皇帝に怒る芙美を見て、皇太子のことを思う気持ちの強さも感じました。

人のためにあれだけ怒るなんて、気持ちがないとできることじゃありません。

 

皇帝はどこか頼りないですが、芙美を支持していることは確かなようです。

面白いことを考え付いた芙美が、アイリーンに何を仕掛けに行くのか楽しみです!

悪女の定義ネタバレ62話最新話と感想!皇帝への怒りまとめ

今回は、「悪女の定義」62話のネタバレと感想を紹介しました!

皇帝との謁見では何も得られなかった芙美は、贈られたプレゼントを利用しようと考えます。

芙美とアイリーンの久しぶりの直接対決、どんな結果になるのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!