悪女の定義

悪女の定義ネタバレ63話最新話と感想!女の闘い

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」63話のネタバレと感想をまとめてみました!

謁見後のプレゼントを利用できないかと考えた芙美。

格差を示すことでアイリーンを攻撃します!

悪女の定義63話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ63話最新話と感想!女の闘い

マナー違反の連発

部屋を訪ねてきたシャルティアナを見て、アイリーンの表情は一瞬固まりました。

どうやらプレゼントの格差は効果的なようです。

 

謁見前にアイリーンの話を遮ってしまったことを謝ると、気にしないでと返されます。

ふたりの間に沈黙が流れました。

 

部屋に入りお茶の準備を支持するアイリーンに、芙美は茶葉を渡します。

アイリーンは一言ありがとうと言っただけで、開けてみることもしません。

先ほど気にしないでと言われた際に感謝を伝えなかったことはマナー違反ですが、もらったプレゼントをその場で開けないのもマナー違反です。

部屋漂う緊張感を無視し、是非開けてほしいと伝えます。

 

茶葉を見て驚きの表情を浮かべるアイリーンに、受け取っていないと聞いたため、同じレジーナとして分けてあげようと思ったと言いました。

お茶を入れるよう指示も出さず黙ってしまったアイリーンに、一緒に飲みたいと思ってまだ飲んでいないと伝えます。

国民に目を向けたら?

お茶を飲んだアイリーンは素晴らしい香りだと褒めます。

気に言ってもらえて嬉しいと返す芙美にアイリーンは、本来功績を称えるお茶だから贈られたのも当然だと言いました。

皇帝からの支持ではなく、単純に功績を評価されているだけだと指摘したいのです。

 

芙美はそれに対し、当たり前のことをしただけなのに嬉しいと言います。

そして、市民の生活を気にかけ手を差し伸べることは、誰かとは違って当然だと挑発しました。

アイリーンの侍女が口を開きますが、アイリーンはそれを制します。

 

シャルティアナの優秀さに驚いたと返しますが、干ばつについて提案出来たことや、海岸宮で奴隷に会ったことを不思議で仕方ないと言い、功績を疑う姿勢を見せました。

そして首都でも疑う声が出ているから心配だと話します。

芙美はその疑いはもっともだと感じますが、説明してあげる必要もありません。

 

私にとても関心を持っているのですねと言い、その関心を国民へ向けてみたら苦しんでいる人々の気持ちがわかるでしょうと返しました。

人をこき下ろそうとしている姿を指摘し、敢えて質問には答えない意地悪な返し方ですが、聖女で通っているアイリーンは言い返せません。

プレゼントを見せてほしい!

空気を変えるため、芙美は楽しい話をしようと提案します。

何かないかと考えるふりをして、アイリーンが皇帝から贈られたものも見たいと言ってみました。

 

とても素晴らしいものでしょうと無邪気を装い笑いかける芙美に、アイリーンは為す術もありません。

プラチェット夫人を呼びつけ、持ってくるよう命じました。

悪女の定義63話感想

アイリーンの部屋を訪れた芙美は、攻撃が止まりません!

 

貴族のマナーの重要度がいまいちわかりませんが、初めから互いに意図的にマナー違反をする部屋は居心地がとても悪そうです。

部屋にいる侍女たちで肝の据わっていない子は可哀想ですね。

バチバチの空気感が読んでいて伝わって来ました!

 

頑なにお茶を無視しようとするアイリーンは、追いつめられすぎていて少し可哀想ささえありました。

この話だけ読めば、間違いなく悪女は芙美の方です。

人生二周目は怖いものなしで恐ろしいです!

 

また皇后を味方につけたとはいえ、皇帝の支持を取られたと思っているアイリーンは終始表情が硬かったですね。

心配を装ったのにこき下ろそうとしていることを指摘されるのは、恥ずかしくて仕方ないでしょう。

いい人を演じてきたことが仇になることってあるのだなと、しみじみ思ってしまいました。

悪女の定義ネタバレ63話最新話と感想!女の闘いまとめ

今回は、「悪女の定義」63話のネタバレと感想を紹介しました!

本番はこれからだとばかりにプレゼントを持って来させた芙美は、どう攻撃していくのでしょうか。

バチバチの女の戦いがどう決着するのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!