悪女の定義

悪女の定義ネタバレ64話最新話と感想!忍び寄る皇后の影

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」64話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝から支持を受けているとアイリーンに思わせた芙美。

アイリーンもやられてばかりではいません。

悪女の定義64話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ64話最新話と感想!忍び寄る皇后の影

上機嫌な理由

皇太子と夕食を食べていると、上機嫌だか何かあったのかと聞かれます。

特に何もと答えながらも、芙美は笑みを隠せません。

 

アイリーンに贈られたものは、血のように真っ赤なルビーに黄金の装飾がされたアクセサリーでした。

なかなかの高級品ですが、芙美の予想通りアイリーンには似合いません。

アイリーンの髪は栗色で、瞳は緑色なので、赤いルビーはイメージが違います。

皇帝は遠回しな方法ですが、自分が誰を支持するのか示したのでした。

 

芙美はアクセサリーを自分に合わせ、いかがでしょうと尋ねます。

無礼な行動に侍女たちも動揺しますが、その場にいた誰もがシャルティアナにぴったりだと認めざるを得ませんでした。

皇太子からの激励

目的を達成した芙美はにこにこです。

そんな芙美を見た皇太子は、皇帝との謁見がうまくいったようだと言いました。

皇帝から聞いた話を思い出し、なぜ平然と皇帝の話が出来るのかと疑問に思います。

皇太子は演技の上手い人ですが、それでも傷ついたことは確かです。

 

会話に集中できないでいると、ラハディーンの競合もうまくやるだろうと言われ、さすがに褒めすぎだと照れてしまいました。

念入りに準備すると返す芙美に、皇太子は楽しみだと言います。

励ましを受けたような気がして、ピリついていた心がほどけていくような気持ちになりました。

皇后の企み

夕飯を終えた皇太子は皇后に呼ばれます。

寝殿へ向かう途中、反対側からアイリーンが歩いてきました。

こんな時間になぜこんなところへいるのかと聞きますが、用事があったとしか答えません。

話しを続けようとしたアイリーンを遮り、急いでいると言ってそのまま寝殿へ向かいます。

 

寝殿では皇后が待っていました。

ラハディーンに向けて助言がしたいと言う皇后は、皇后の仕事である穀倉の経営について話し始めます。

重要な業務かつ競合も兼ねているため、公正に行う必要があると前置きした皇后は、皇太子がシャルティアナの功績を称えていることを咎めました。

 

皇太子は功績を立てた者への当然の行いだと返し、嘘でもないのになにが問題だと反論します。

それに対し皇后は、事実だとしても出過ぎた行動だとし、公平性を保つためにはシャルティアナに西穀倉を任せるべきだと言いました。

皇太子は驚き、そんなことはできないときっぱり拒否します。

悪女の定義64話感想

アイリーンを打ち負かし満足した芙美に、皇后からの圧がかかろうとしています!

 

アイリーンに贈られたプレゼントを見た芙美の表情は、これ以上ないくらい気の強い悪女そのものでしたね。

確かにアイリーンには全く似合いませんが、自分に合わせるのは貴族でなくてもマナー違反ですし、似合っていると言わせるのは本当に意地が悪いです!

バチバチの戦いに読んでいて胃が痛くなります!

 

皇太子に応援されて心がほぐれると言うのも、いじめた側の発言ではありません。

芙美が幸せならいいですが、後から後悔するようなことが無いといいなと思います!

 

そしてとうとうアイリーンが味方につけた皇后が動き始めましたね。

皇太子はきっぱりと拒否しましたが、皇后の権力には敵わないような気がします。

芙美はこれから皇后と戦っていく必要がありそうです!

悪女の定義ネタバレ64話最新話と感想!忍び寄る皇后の影まとめ

今回は、「悪女の定義」64話のネタバレと感想を紹介しました!

アイリーンとの戦いに勝利した芙美は、皇太子にも応援され嬉しそうです。

皇后からの攻撃にもこの勢いで交わしていけるのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!