悪女の定義

悪女の定義ネタバレ92話最新話と感想!孤児院訪問

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」92話のネタバレと感想をまとめてみました!

ひとりで孤児院を訪れた芙美。

子供たちからの大歓迎に嬉しくなります。

悪女の定義92話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ92話最新話と感想!孤児院訪問

子供たちの歓迎

孤児院は横領や虐待が行われていた場所にも関わらず、とても快適で落ち着いた場所でした。

迎えてくれた職員たちは、悪事を傍観していたからか表情は硬く、芙美の訪問に少し気まずそうです。

新しく院長となった人物は思ったよりも若く、院長のイメージとは違いますが、にこやかに迎えてくれました。

 

院長が子供たちに声をかけると、歓迎する歌がはじまり、芙美は驚きます。

その中には救貧祭で芙美に助けを求めた男の子の姿もあり、あの時よりも明るい様子に嬉しくなりました。

 

こんな歓迎を受けると思っていなかったとお礼を言うと、他にも子供たちが公女のために一生懸命準備したものがあると言われます。

院長は、子供たちは公女が大好きなのだと教えてくれました。

元気な子供たち

子供たちの出し物が終わった後に、院内を案内し、その後にお茶でもどうかと誘われます。

お茶だけでは終わらなさそうだと言うと、院長はさすがお見通しと微笑みました。

 

今後この場所を発展させる計画を立てており、可能であれば力を貸してほしいと言われます。

芙美は正直な物言いがかえって好印象に感じました。

 

しかし子供たちと遊ぶことも、芙美が孤児院を訪れた目的の一つでした。

普段の様子を見てみたいと言い、必要であれば喜んで手伝うと言いますが、芙美は後からその言葉を後悔します。

 

泣いている赤ちゃんのお守りや、話好き遊び盛りの子供たちの相手は、思ったよりも過酷なものでした。

救貧祭の時よりも忙しく子供の相手をしていると、あの時の男の子が現れ、公女様が大変だと他の子供たちを注意してくれました。

束の間の休憩

休憩時間を手に入れた芙美が休もうとすると、脚の力が抜けてしまい、倒れそうになります。

しかし倒れる直前、知らない男の人が現れ、肩を支えてくれました。

急に現れた見知らぬ男性は、何も言わず立ち去ってしまい、芙美は唖然とします。

 

香りや手の感触に覚えがあり、去っていく男性の歩き方にも思い当たる部分がありました。

芙美は男性を追いかけ、回り込んでお礼の挨拶をさせてほしいと言います。

改めて丁寧に感謝の言葉を伝え、頷くだけでは逃げることはできない状況に追い込みました。

 

焦る男性に自己紹介をし、名前は何かと尋ねると、男性はため息をついてレオだと答えます。

男性は芙美の予想通り、幻術系の魔法を使って姿を変えた皇太子でした。

一体何のつもりなのか、聞きださなくてはなりません。

悪女の定義92話感想

孤児院を訪れた芙美は、子供たちからの歓迎を受けます!

一緒に遊ぶ気で来ましたが、やはり子供の相手は過酷なものでした。

 

院長が変わった孤児院では、少なくとも悪事は働かれていないようです。

子供たちものびのびと生活しており、あの時男の子が勇気を出して助けを求めてくれて本当によかったなと思いました。

このまま子供たちが健康に暮らせる孤児院であってほしいですね!

 

子供たちの相手をする芙美は、思った以上の過酷さにへとへとでしたね。

子供のあの元気さはどこから来るのか、想像するだけでも大変そうで、保育園や幼稚園の先生のすごさを感じます!

 

へとへとになって倒れかけた芙美を支えたのは、変装した皇太子でした。

連絡も出来ないのに来てしまって良かったのか心配です!

悪女の定義ネタバレ92話最新話と感想!孤児院訪問まとめ

今回は、「悪女の定義」92話のネタバレと感想を紹介しました!

孤児院を訪れ、子供たちと沢山遊ぶ芙美。

変装した皇太子も訪れており、久々のふたりの接触がどうなるのか気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!