悪役が施す美徳

悪役が施す美徳ネタバレ54話最新話と感想!塔に向かうイザナとジンジャー

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役が施す美徳」54話のネタバレと感想をまとめてみました!

塔に向かうジンジャーとイザナの物語です。

ゲシュトの部屋に向かったハメルの前に現れたゲシュト!?

悪役が施す美徳54話のネタバレと感想を書いていきます!

悪役が施す美徳ネタバレ54話最新話と感想!塔に向かうイザナとジンジャー

イチャイチャの二人を塔へ促すララ

どこにでもついていくと話すジンジャーにイザナはまた酔わせる気かと近寄ります。

必死で否定して言い訳をするジンジャーに額をくっつけてイザナはそのたくらみを読もうとしました。

 

ララはそんな二人にゲシュトの研究室に行ってみるので二人は塔へ向かってほしいと話します。

そして心の中でイザナに気持ちを確かめ合うように伝えました。

それを読み取りイザナはジンジャーを誘い出発します。

 

二人を見送るララは現実も小説もみんなが幸せになるのは無理なのだろうかと、過去にジンジャーにいわれた言葉を思い出し胸を痛めていました。

小説のように終わりがあるわけではない現実に再びチャンスがあるのならその時は離さないと強く思います。

謝罪をするジンジャー

塔へ向かう道中にジンジャーは騙していたことをイザナに誤りました。

信じていたのにと訴えるイザナにジンジャーは慌てて、弁解をします。

イザナはすべてをララから聞いたのでわかっていると答えました。

 

無闇に明かすことができずにジンジャーにアイテムをつけていたことも聞いていたイザナの話にジンジャーは自分が書いた小説のことも知ったのではないかと恥ずかしがります。

イザナは互いを失う怖さからなかなか打ち明けられなかったのはララと同じ気持ちだったからと話を続けました。

ジンジャーは元のような関係には戻れないかもしれないけれど、信じることと許すことは別の問題と考えていたのです。

素直なジンジャーの想い

そしてジンジャーは勇気を取り戻すため、絶対に呪いを解こうとイザナに話しました。

その言葉にキョトンとするイザナに信じる勇気とジンジャーらしく答えます。

信じることは思ってる以上に難しく、裏切られたら傷つく、だからこそ、心から信用できる人に出逢えたらこの上ない幸せというジンジャーは第一号は自分を選んでねと微笑みました。

 

イザナは父が弟に手をかけたかもしれないし、人の考えが読める自分のことが怖くないのか聞きます。

ジンジャーはイザナはイザナで父親とは関係ないと答え、心を読むときの目がかっこいいと力説しました。

イザナは敵わないなと笑いをこらえているとジンジャーは本当だから読んでくださいと尻尾を振ります。

 

そんなジンジャーにイザナはまずはジンジャーに心を許すことを約束しました。

そして呪いが解けるまで傍にいるようにと耳まで真っ赤にして伝えます。

もちろんとジンジャーは心の中で呪いに関係なくイザナから離れないとつぶやくと、それを読み取ったイザナはまた顔を赤くするのでした。

ゲシュトを見たララ

塔の扉に手をかける一人の人影があります。

ララが関係者以外立ち入り禁止とその人影に話しかけました。

振り返ったその人影師匠と心の中でハメルはつぶやくのでした。

悪役が施す美徳ネタバレ54話感想

ジンジャーとイザナの掛け合いは毎回ニヤニヤしてしまいます。

ほんわか幸せな気分になりますが、完全に二人の世界ですよね。

すぐそばでジンジャーのことを想っているララがいてもお構いなしで少しララが可哀想になってきます。

 

イザナの不安をよそにジンジャーはそんなことは関係なくイザナを想っているのでその気持ちがしっかりとイザナに伝わっているようですね。

早く呪いを解いて二人には幸せになってほしいです。

 

ララとイザナの絆もかなり深くて安心しました。

イザナは心から信頼できる相手を見つけられるのでしょうか。

やはり、それはジンジャーだったらいいのになと勝手に思ってしまいました。

 

そして研究室に突然現れたゲシュト!

この世にはいないはずなのに、どうして現れたのか、何か伝えたいことがあるのでしょうか。

悪役が施す美徳ネタバレ54話最新話と感想!塔に向かうイザナとジンジャーまとめ

今回は漫画「悪役が施す美徳」54話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ララは研究室へ、イザナとジンジャーは塔の最上階へ、二手に分かれていくことになります。

何があっても離れないジンジャーの想いとそれを受け入れたイザナでした。

研究室の前に現れたこの世にいないはずのゲシュトは何を訴えたいのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!