ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ5話最新話と感想!カルルとエステルの家庭教師の関係性は?

スポンサーリンク

ある日、私は冷血公爵の娘になった5話のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

自分はカスティージョ家の人間ではないのではないかと不安に陥るエステル。

これからの展開が気になる、ある日、私は冷血公爵の娘になった5話のネタバレをお届けします。

 

また、ある日、私は冷血公爵の娘になった5話の感想としては、エステルが公爵家の生活に慣れていく中で新しい展開が楽しめるという印象です。

では、ある日、私は冷血公爵の娘になった5話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ5話最新話!カルルとエステルの家庭教師の関係性は?

迷ってしまうエステル

カルルと出会ってから、カルルと遊ぶことが楽しみになったエステル。

カルルと出会えないかお屋敷を探しまわります。

しかし、カルルとは出会えず、一人で遊ぶことに…。

いつも遊んでいる場所から少し離れた橋まで行くことにしたエステルですが、思ったよりも遠くに橋があり、なかなかたどり着けずにいました。

 

日が暮れてきたので、橋へ行くことを諦めて帰ろうとするエステル。

しかし、なかなかお屋敷に着きません

辺りは暗くなり、昼間とは景色が全く違うことに怯えるエステルですが、冷静に屋敷の灯りまで足を進めます。

 

すると、エステルお嬢様とエステルを呼び止める声が。

エステルが振り返ると、屋敷のメイドたちとアニーがいました。

なかなか帰ってことないエステルが心配になり、探しにきてくれたようです。

 

アニーは怒っていましたが、謝りながら泣きじゃくるエステルを見て、エステルを安心させるように抱き寄せます。

そこにはカルルもおり、一緒に探しにきてくれていたようです。

エステルのルトニー?

アニーはエステルのために入浴剤を入れた温かいお風呂を用意してくれました。

エステルは温まりながら、アニーにカルルが怒っているか聞きました。

カルルもエステルを探しにきてくれましたが、声をかけるわけでもなく、エステルの姿を見ると去ってしまったので、エステルは気になっていました。

アニーは、カルルは怒っているのではなく心配しているとエステルに伝えました。

 

次の日、エステルはいつも通り元気に朝食を食べていました。

昨日、アニーに大丈夫と言われ、安心したようです。

アニーは、明日からルトニーがきますよとエステルに伝えました。

ルトニーとは家庭教師のことで、エステルはルトニーから文字を教えてもらえることになりました。

 

エステルのルトニーは、ハーデル・クロイツという男性で、爵位はないですがカルルを教えていたこともある人だとわかります。

エステルは、そんなに優秀な人が自分の家庭教師で良いのか不安になりましたが、やっぱり嬉しいようです。

初めて見る美しい景色

明日からルトニーが来ることになったので、思いっきり遊べるのは今日だけになったエステル。

何か特別なことがしたいと意気込みます。

周りを見渡すと前から気になっていたエステルの部屋の近くにある木が目に入りました。

 

エステルはその木に登ってみようと思い、早速、裸足で木にしがみつきます。

なかなか登れず、エステルは自分の部屋から木に飛び移ることを決めました。

早速、部屋に戻り、勇気を出して木に飛び移るエステル。

 

無事に木に登ることができ、今まで見たことのないような綺麗な景色を見ることができました。

しばらく風景に見とれていたエステルですが、そろそろ降りようと下を見ると足がすくんでしまいます。

困っていたエステルに誰かが声をかけるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったのネタバレ5話感想

エステルは着実にお屋敷にいなくてはならない存在になっていることがわかりました。

エステルが一人で橋に行き、戻れなくなったときに多くのメイドやアニーが探しに来てくれました。

屋敷内と言えど、広大なカスティージョ家の敷地では何が起きるかわかりません。

エステルといつも一緒にいるアニーは特に心配をしていて、本当の家族のようにエステルを思っていることがわかりますね。

 

また、カルルもお屋敷のご子息にも関わらず、夜遅くにメイド達と駆けつけたことが印象的でした。

カルルもエステルのことを家族として心配していたのだと思います。

また、新しい展開としてルトニーと呼ばれる家庭教師が来ることがわかりました。

家庭教師はカルルの勉強をみたことがある先生なので、カルルとの繋がりも感じますね。

 

どんな人物かは、まだわかりませんが、カルルの過去なども明らかになっていくかもしれません。

そして、ルトニーが翌日から来るため、1日中思いっきり遊べるのは今日だけと特別な遊びとしてしたことが木登りという点には驚きました。

しかも、自分の部屋から木に飛び移るなんて勇気がありますよね。

 

そこから見た景色は美しく、エステルも木に登って満足しているようですね。

しかし、降りることができなくなってしまいます。

そして、誰かに名前を呼ばれました。

 

最後に誰がエステルの名前を呼んだのか気になります。

カルルや公爵の可能性もありますね。

今後、新しいルトニーも現れることがわかりましたので、今後の展開が楽しみですね。

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった5話のネタバレと感想をお届けしました。

エステルは好奇心旺盛で行動力がありますよね。

そして、これからエステルにこの世界でルトニーと呼ばれる家庭教師が来ることがわかりました。

 

カルルの性格や過去も知っている新しい家庭教師とどのような展開が繰り広げられていくのか楽しみです。

また、最後にエステルの名前を呼んだのは誰だったのでしょうか。

今後の展開がとても気になる、ある日、私は冷血公爵の娘になった5話の感想、ネタバレでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!