ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ60話最新話と感想!エステルを案じるパパとエメル

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」60話のネタバレと感想をまとめてみました!

日常を取り戻しつつあるエステル、そんな彼女を案じるパパとエメルの物語です。

改めてエメルに感謝するエステル・・・

ある日、私は冷血公爵の娘になった60話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ60話最新話と感想!エステルを案じるパパとエメル

アンを誘って馬小屋へ

エステルはアンを遊びに誘います。

馬小屋へ人参と角砂糖をもっていこうと誘われたアンは喜んでついていきました。

そして馬小屋へやって来たエステルとアン。

 

喜んでいる馬たちを見てエメルはいつもエステルが餌をもってきてくれるから好きみたいだと話します。

馬たちの賢さに感心したエステルはアンに餌やりをしてみるように促しました。

アンは恐る恐るやってみると馬は喜んで食べてくれます。

 

嬉しくなったアンはエステルと一緒に馬と触れ合いました。

たくさん触れ合い楽しかったとエステルにお礼を言って別れました。

改めてエメルに感謝するエステル

アンが去り、エメルと二人になったエステル。

自分には精霊が付いているから大丈夫と話します。

エメルはそれでもエステルの傍にいると伝えました。

 

当然のことと話すエメルにエステルは改めてお礼を伝えます。

エメルは改めて、エステルのことを愛おしく思うのでした。

エステルを心配するパパとエメル

夜になり、エメルがパパにエステルの様子を伺います。

パパはエステルの努力を評価しました。

自分がまたエステルの護衛を任されたことを驚いたと話すエメル。

 

パパもまたエステルを守ることができなかったと話すとエメルは質問をしました。

パパはエステルがエメルを選んだからと答えます。

そしてその腕を認められ感謝をしました。

 

精霊士となったエステルのことを話すエメルにパパは混ざった子の過去を知っているはずと尋ねます。

エメルはもちろん自分の家系が一番よくカスティージョのことを知っていると答えました。

それを聞いたパパは眠っているエステルの様子を見に行きます。

 

目を開けたエステルに優しく語り掛けるパパ。

パパの姿を見て安心したエステルはまた目を閉じます。

エステルの額にキスをしたパパはここにいるとつぶやくのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ60話感想

日常を取り戻しつつあるエステルはアンを遊びに誘いましたね。

アンの表情はなかなかわかりにくいですが、とても喜んでエステルと馬小屋へ行きました。

最初はこわごわ馬へ餌をやったり触れ合っていましたが、馬の可愛さに笑顔になったアンを見て、アンもだんだんと感情が出てきてよかったなと思いました。

 

少しずつ心を開くアンとエステルの仲良しな様子は和みます。

そしてエメルに改めて感謝を示したエステル。

エメルも改めてエステルの傍にいると伝えその絆の深さが見れました。

 

エステルが眠った後にパパとエメルが意味深な会話をしていましたね。

混ざった子の過去のことやエメルの家系のことなどまだまだ隠されたヒミツがるのでしょうか。

 

二人がエステルを愛し心配している様子はすごく感じました。

ずっとエステルを見守っているパパの優しさが心に響きます。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ60話最新話と感想!エステルを案じるパパとエメルまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」60話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アンを馬小屋に誘って一緒に遊んだエステル。

帰り際に改めてエメルの護衛に感謝します。

精霊士となったエステルは混ざった子でその過去のことを踏まえエメルとパパはエステルを案ずるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!