サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ86話最新話と感想!パパが出発したカスティージョ家

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」86話のネタバレと感想をまとめてみました!

パパがイーストリア山脈に向けて出発し、屋敷に残ったアンとカルル・エステルたちの物語です。

いい知らせと悪い知らせを聞いたエステルがとった行動とは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった86話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ86話最新話と感想!パパが出発したカスティージョ家

出発のとき

冬が終わり、パパが出発する日がやってきました。

戦争に匹敵する様な今回の任務に屋敷の中は暗い雰囲気に包まれます。

ジンを涙ながらに送り出すステファニー、怪我のため出向できないロイは心配そうにエレンを見送っていました。

 

恋人たちも家族もみんな別れがつらく、エステルも涙で目を腫らします。

ケルソンによると、イーストリア山脈まではひと月ほどかかるということでした。

パパや騎士団たちの様子は伝書鳩が伝えてくれるため、徐々に屋敷は落ち着きを取り戻すことができるのでした。

アンの実験

アンの部屋に場面が変わり、エステルはアンに何をしているのか聞きます。

アンは屋敷に魔法をかけるための実験をしているのでした。

それを聞いたエステルは嬉しそうに夏や冬を快適に過ごせると目を輝かせます。

 

しかしアンの行っていた実験は攻撃から守るためのもので、温度調節のことも考えてみると優しく微笑むのでした。

勘違いに、照れながら、エステルは本題のカルルを探していることをアンに伝えます。

アンは秘密だけれどといいながらも屋根の上にいることを教えてくれました。

カスティージョらしくするコツ

屋根の上にいるカルルを驚かそうとケルソンの真似をしながらエステルが声をかけます。

しかし、まったく動じないカルル。

仕事なら自分も手伝うといってエステルはカルルの横に座ります。

 

皇帝との契約のことを知っていたのかカルルに尋ねるエステル。

カルルはカスティージョを名乗るなら、契約には従わないといけないと答えます。

自分もそうなのか聞くエステルにたぶんと答えるカルル。

 

混ざっていることを気にするエステルに優しく頭を撫でてカルルはコツを教えてくれました。

それは他人のことは考えずに身勝手に自分のやりたいこと考え、それに従うということだったのです。

その時、伝書鳩がいい知らせと悪い知らせを持ってきたのでした。

エステルがとった行動

悪い知らせは、人的被害で、一部のハンターたちがドラゴンの秘宝を狙い命を落としたのいうものだったのです。

いい知らせは、討伐隊に補給物資が無事に届いたというものでした。

それを聞いたエステルは居ても立っても居られなくなり、エンドに状況を見てパパを助けてほしいと頼みます。

 

エンドはダメージを受ければエステルに返ると警告しますが、揺るぎない意志を感じてパパの元に向かうのでした。

エステルはケルソンに自分ができることがないかを確認します。

ケルソンはニコニコしながらお願いしますと大量の書類整理をエステルに頼むのでした。

 

カルルが逃げたのがわかると思いながらも一生懸命に仕事をするエステル。

ケルソンが差し戻した書類の内容をエステルに確認するとしっかりとした回答をされて、今すぐ公爵になれると嬉しそうです。

そのエステルの働きぶりにこれからもお願いしますとエステルを持ち上げるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ86話感想

ついにパパたちの出発の時が来ましたね。

みんなそれぞれにつらい思いを抱えながら見送ったようでした。

 

アンは屋敷を攻撃から守るための魔法をかけようと実験していましたね。

エステルの温度調整のための魔法はなんだかほのぼのしていてエステルらしいなと思いました。

 

伝書鳩が伝えた報せでついにドラゴンによる人的被害が出てしまいましたね。

思わず、エンドを派遣してしまったエステルですが、今後何事もないことを祈りたいです。

エンドが攻撃を受ければそのダメージがエステルに来るのは考えただけでゾッとします。

 

気づかれないようにケルソンに聞いて公爵の仕事を始めたエステル。

その仕事ぶりは大人さながらの見解に驚きました。

ケルソンもエステルの仕事ぶりを誉めていましたね。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ86話最新話と感想!パパが出発したカスティージョ家まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」86話のネタバレ、感想をご紹介しました。

冬が終わってパパと騎士団たちは出発をして、アンは屋敷に魔法をかけようと実験をしています。

伝書鳩が伝えたいい知らせと悪い知らせを聞いてエステルはエンドをパパの元に向かわせました。

そして、公爵の仕事を手伝うとケルソンにすばらしい働きだと褒められるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!