ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第11話最新話と感想!シオンとの再会

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第11話のネタバレと感想をまとめてみました!

すっかり母の顔になったレイナ。

彼女の元を、ある人物を連れたロンパーニュ伯爵が訪れます。

「ガラスの温室の公爵夫人」第11話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第11話最新話と感想!シオンとの再会

紹介したい人

乳母からエルのお世話の仕方を教わるレイナ。

その表情はもうすっかり母親です。

 

執務室で仕事をしていたレイナの元をドノヴァンが訪れました。

ロンパーニュ伯爵が来たとの事。

トゥストゥラの一件以来、ロンパーニュ伯爵と親しくなったレイナ。

 

彼の支持を得る事ができたのは良かったのですが、頻繁に訪れる彼に頭を悩ませていました。

どうしても話したい事があると言うロンパーニュ伯爵。

彼の用件とは、ある人物を紹介する事でした。

シオンとの再会

ロンパーニュ伯爵が連れて来た人物とは、あの火事の際に魔法でレイナたちを呼んだ少年だったのです。

シオンと名乗るその少年は、魔法の資質が素晴らしい為、伯爵の弟子になったとの事。

エルが彼の魔力に惹かれていた事を思い出すレイナ。

 

その時、シオンが突然レイナの足元に跪きました。

彼が使えるのは音を運ぶ魔法のみですが、恩人であるレイナに命を捧げたいのだと言います。

レイナは彼の気持ちを嬉しく思いながらも、別の人に忠誠を誓って欲しいと伝えました。

 

その相手とは、もちろん大切な息子であるエルの事です。

彼が大人になれば、きっと新しい世界を見せてくれるはずだと微笑むのでした。

父の企み

その頃、ヴィノシュト邸ではレイナの父と弟のリンテスが夕食をとっていました。

レイナに息子が生まれたと呟く父。

精霊使いであるレイナに特別なお祝いをしなくてはと言います。

 

突然立ち上がると、もうやめたらどうかと声を荒げるリンテス。

お祝いを口実に今度は何を企んでいるのかと。

一体いつまで嫌がらせをするつもりかと激高します。

 

父は立ち上がると、人を利用する為にはアメよりも鞭の方が効果的だと。

レイナは自分たちの家族だと反論するリンテスに、もうヴィノシュトの人間ではないと言い放ちます。

そして怒りに震えるリンテスを残し、一人部屋を後にするのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第11話感想

エルを見つめるレイナはすっかり母の顔ですね!

エルを抱く事にも抵抗がなくなり、幸せそうで良かったです。

 

シオンを連れて訪れたロンパーニュ伯爵。

伯爵はあの一件以来レイナの事を認めているようでよかったです!

そしてシオンもレイナを慕い、彼女の役に立ちたいと願います。

 

シオンが使うのは音を運ぶ魔法だったのですね!

だからあの火事で助けを呼ぶ事が出来たのかと納得しました。

 

エルに忠誠を誓う事になったシオン。

エルもシオンに惹かれているようだし、この出会いがお互いにいい影響を与えるといいですね。

 

レイナにお祝いをしようと考える父。

父の言うお祝いとは、嫌がらせの事なのですね…。

弟のリンテスはレイナの味方のようで安心しました。

 

父がここまでレイナを憎む理由は一体何でしょうか。

レイナに何事もなければいいのですが…。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第11話最新話と感想!シオンとの再会まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」11話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ロンパーニュ伯爵からシオンを紹介されたレイナ。

恩返しがしたいというシオンに、エルの力になってくれと微笑むのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!