サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第25話最新話と感想!皇宮へ到着

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵」第25話のネタバレと感想をまとめてみました!

今回はレイナたちが帝都に到着した後のお話です。

港に到着したレイナたちを、予想外の人物が出迎えます!

「ガラスの温室の公爵」第25話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵ネタバレ第25話最新話と感想!皇宮へ到着

父との再会

ついに帝都に到着したレイナたち。

船を降りようとする彼女に、聞き覚えのある声が聞こえてきました。

レイナに声を掛けた人物とは、彼女の父親であるヴィノシュト公爵だったのです。

 

今までの事を思い出したレイナは恐怖で震えてしまいます。

そんな彼女を奮い立たせたのは、無邪気なエルの笑顔でした。

エルの姿を見て、自分がヒスビリアン公爵夫人である事を思い出したレイナ。

 

ヒスビリアンの人間として、そしてエルの母親として。

レイナは毅然とした態度で父に接するのでした。

二人の変化

レイナの意図を察したヴィノシュト公爵は何事もなかったかのように振舞います。

そしてエルの方を見た彼は、レイナに似ていると言いました。

二人を庇うように立ちはだかるエドハール。

 

公爵自ら出迎えに来てくれたお礼を伝えます。

皇帝がヒスビリアンに興味を持っていると言うヴィノシュト公爵。

そんなあなたたちが皇宮に来るのだから迎えに来たのだと。

 

その時、ちょうど目の前に馬車が到着します。

エドハールはレイナの肩を抱き、ヴィノシュト公爵を一瞥すると馬車に乗り込みました。

 

馬車の中で景色ばかり見ているレイナに声を掛けたエドハール。

エルが心配かと尋ねました。

ウンディーネも一緒だし、ヒスビリアンの騎士団がエルを保護しているから大丈夫だと言います。

 

彼を真っ直ぐ見つめ、エルの父親としてあなたを信じていると呟くレイナ。

エドハールは顔を赤くしながらお礼を伝えるのでした。

皇宮へ到着

皇宮に到着したレイナたち。

初めて訪れる「純白の宮」に緊張しています。

皇帝が暮らしているその場所は、とても綺麗な建物でした。

 

レイナが中に入ろうとすると、突然心臓が高鳴るような感覚が襲います。

息が出来ず、思わずふらついてしまうレイナ。

エドハールは彼女を支えながら、深呼吸をするように指示しました。

 

彼の言う通りに呼吸を整えたレイナはだいぶ呼吸が楽に。

庭園に案内されたレイナたちは、しばらくここで待つように言われます。

レイナの身体を気遣うエドハール。

 

純白の間は建物全体が魔法陣のようになっており、魔法が使えないように強制的にマナを制御するのだと言います。

だからレイナのようにマナを持っている者は、一瞬呼吸が出来なくなるのだと。

彼の説明を聞いても、レイナは精霊たちを呼び出せそうな気がしました。

 

魔法への対策は厳しいのに、精霊術師への備えが薄い事を不思議に思います。

その時、使用人が皇帝からの指示を伝えにやって来ました。

皇帝からの伝言とは、レイナと二人きりで話がしたいというものでした。

ガラスの温室の公爵ネタバレ第25話感想

ついに諸悪の根源のヴィノシュト公爵が登場しましたね!

前世での事を考えると、レイナが恐怖を感じてしまうのも仕方ないです。

それでも今のレイナは今までのように弱くはありません。

 

まさに、母は強しです!

皇帝が興味を持っていたから…と言っていましたが、彼がわざわざ出迎えに来たのは何らかの魂胆がありそうです。

家族を守る為に前面に立つエドハールが頼もしいですね!

 

エルと離れ離れになったレイナを気遣うエドハール。

レイナも前世とは違う彼を少しずつ受け入れ始めたようです。

レイナから「信じている」と言われて顔を赤くするエドハールが可愛らしいですね!

 

皇帝は何故レイナと二人きりで会おうとするのでしょうか?

何だか嫌な予感がするのですが…いざという時は精霊を呼び出して切り抜けて欲しいですね!

皇帝の目的が気になります!

ガラスの温室の公爵ネタバレ第25話最新話と感想!皇宮へ到着まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵」25話のネタバレ、感想をご紹介しました。

久々に父と再会し動揺するレイナですが、エルの為にと毅然とした態度で接します。

一方皇帝はレイナと二人で話がしたいと伝えるのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!