ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第30話最新話と感想!ありえない契約

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第30話のネタバレと感想をまとめてみました!

ブラックジャック貿易商に大量の資金が渡っている事に気付いたレイナ。

ロシアネを問い詰めますが…?

「ガラスの温室の公爵夫人」第30話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第30話最新話と感想!ありえない契約

ブラックジャック貿易商への疑惑

ブラックジャック貿易商は、エスバット侯爵家が運営する貿易会社。

帳簿によると、なんと毎年家門の予算の1割がブラックジャック貿易商に渡っていたのです。

先代公爵夫人が結んだ契約通りに実行しただけで、横領などしていないと訴えるロシアネ。

 

レイナは彼女の堂々とした態度に違和感を感じていました。

執事に先代公爵夫人が結んだ契約書の在処を聞くレイナ。

 

彼は執務室にあると素直に教えてくれました。

しかし、彼が先代公爵夫人と繋がっているかもしれないと疑ったレイナは、彼と必要以上に関わらない事にしたのです。

ありえない契約

その後、執務室を訪れたレイナは契約書に目を通す事に。

そこには「契約期間の満了前に解約する場合は、10億ゴールドの違約金が必要」と、信じられない条件が書かれていました。

ふと、契約書が入っていた箱から古い指輪を見つけたレイナ。

 

その指輪には何やら刻印が彫られているようです。

その時、ウンディーネが現れレイナに話しかけてきました。

とても貴重な指輪だから持っておくようにと、シルフィードからの伝言を伝えます。

 

シルフィードを呼び出したレイナは、理由を尋ねる事に。

この指輪には古代の契約が刻まれており、精霊術師のように契約を交わさなくても「特定の力」を使う事ができると言うのです。

しかし、その力は指輪に選ばれた主人しか使えないと続けます。

 

害にはならないか心配するレイナに、守ってくれる物だと言うシルフィード。

レイナは彼の指示通り指輪を持ち帰る事にしました。

指輪が選んだのは

エルの部屋を訪れたレイナは、彼の指にあの指輪をはめてみる事に。

すると指輪が輝きだし、エルの指にぴたりとはまって抜けなくなってしまったのです。

 

レイナは突然の出来事に戸惑いながらも、指輪がエルを選んだのなら嬉しく思います。

そして大切なエルが苦難に遭わないよう守って欲しいと願うのでした。

 

その時、部屋に入ってきたエドハール。

皇后からレイナ宛てにお茶会の招待状が届いたと言います。

 

レイナは一瞬悩みましたが、一度だけ参加する事に。

そして彼と大事な話をする為に、執務室に移動するのでした。

契約を破棄する為に

執務室に移動したレイナは、先代公爵夫人が結んだ契約の話を切り出しました。

執事に任せきりで何も知らない様子のエドハールに契約書を手渡します。

あり得ない契約内容に驚くエドハール。

 

メルティオ侯爵に会い、破棄する方法を相談すると言います。

メルティオ侯爵とは、真実の契約をしたいう人物です。

一緒に行こうと誘うエドハールに同意するレイナ。

 

エドハールは部屋を出て行こうとする彼女を呼び止めると、お茶会に必要なものがあれば遠慮せずに購入するよう伝えます。

自分がヒスビリアン公爵夫人だという事を見せつけてきて欲しいと言うのです。

レイナは微笑むと部屋を後にしました。

 

しかし、皇后主催のお茶会に行けば、過去にレイナを馬鹿にした人たちと顔を合わせる事になります。

そんな場所に行っても平常心でいられるかと、レイナは不安になるのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第30話感想

ブラックジャック貿易商には毎年膨大な金額が支払われており、その契約内容はありえないものでした。

先代公爵夫人が締結したそうですが、運営しているのがエスバット侯爵家とは驚きました!

モニカの家門であるエスバットとヒスビリアンには、以前から何か繋がりがあったのでしょうか。

 

しかも、契約期間満了前に解約するなら10億ゴールドの違約金が必要とは、とんだぼったくりですね!

エドハールは執事に任せきりで何も知らないようですし…。

澄ました顔をしていましたが、あの執事が何か関わっていそうです。

 

偶然見つけた古代の指輪がエルの指にはまった時は驚きました!

レイナよりも気運が強いエルを指輪が認めたということでしょうか?

この指輪の力がどんなものか謎ですが、きっと彼を守ってくれると思います!

 

次回は真実の契約をしたというメルティオ侯爵も登場しそうです。

彼がどのような意見をくれるのか気になります!

 

そして皇后がレイナをお茶会に呼んだ理由は何でしょうか?

レイナが辛い思いをしないよう願います!

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第30話最新話と感想!ありえない契約まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」30話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ブラックジャック貿易商に膨大な金額が支払われている事を知ったレイナは、エドハールに相談する事に。

エドハールは契約破棄の方法を相談する為、レイナと共にメルティオ侯爵を訪ねる事にしました。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!