よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ111話最新話と感想!切り札となる証人とは?

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」111話のネタバレと感想をまとめてみました!

追い詰められたリカルドのもとへと助けに行ったセザールは、議会当日になっても帰ってきません。

カナリアは内心不安に思いつつも、ある人物に証言してもらい形勢逆転を狙います。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る111話のネタバレと感想を書いていきます!

⇒よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ一覧へ

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ111話最新話と感想!切り札となる証人とは?

オスカーの考え

月を見上げながら、明日開かれる大事な議会のことを考えるカナリア。

リカルドを迎えに行ったまま帰ってこないセザールに、不安を感じました。

 

すると物陰から突然現れたオスカーに、カナリアは驚きます。

互いに沈黙の間を経たあと記憶が戻ったことに気づいたカナリアでしたが、あの日の話はもう意味がないと言われてしまいました。

 

オスカーは、記憶が戻ってもなお現状は変わらないと言います。

しかし引き続き皇帝を狙うという言葉ではなく、自分が消えればこの事態は解決できると呟きました。

 

どういうつもりなのかとカナリアは聞きますが、敵であることには変わらないので覚悟を決めて欲しいと言うオスカー。

カナリアは彼に伸ばした手を引っ込め、これまでのお礼をオスカーに伝えます。

そしてオスカーは、別れの挨拶をするとその場から去っていきました。

議会の始まり

議会当日、時間になっても会場にセザールは到着しません。

もう少しだけ待って欲しいとカナリアは言いますが、議会の規則は守られるべきだとジェラルドが反対します。

そしてセザールがいないまま、議会は始まってしまいました。

 

セザール側についた貴族は、彼の南部戦争での功績を称えて皇帝に相応しいと主張。

しかしジェラルド側についた貴族は、毒の弓矢で攻撃を仕掛けたことを非道だと主張します。

あれは事故だったとセザール側の貴族は訴えるものの、そこで言葉を挟んだのはジェラルド。

 

セザールのせいで死にかけた経験を話し、彼が皇帝になれば次に狙われるのはあなた達かもしれないと脅します。

その言葉を聞いたセザール側の貴族たちは動揺し、なにも答えることができません。

ジェラルドは作戦がうまくいったと心のなかで思っていると、カナリアが発言を始めました。

形勢逆転

罪をおかしたのは彼のほうだと訴えたカナリアに対し、濡れ衣だと反論するジェラルド。

そこに証言人として登場したのは、カナリアが説得していたファーンハム家の元主治医であるブラウン子爵。

これまで言えなかった真実を明かすと言い、ジェラルドは先代ファーンハム侯爵を亡き者にしたことを話しました。

 

さらに、彼のそばにはいつもオスカーがいたと言うと議会はざわつき始めます。

権力を手に入れるために非道な手段でここまで上り詰めたことを知った貴族たち。

ブラウン子爵が裏切ったことに驚くジェラルドでしたが、証拠はないはずだと自分を言い聞かせます。

 

カナリアは証拠ならあると言って皆に見せたのは、先代ファーンハム伯爵がブラウン子爵にあてた遺言状。

遺言状の存在に、再び驚きを隠せないジェラルド。

そこには、ファーンハム家を継ぐのは本家の嫡男であるリカルドだと記されていたのでした。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る111話感想

前話で議会に間に合わせようとリカルドが懸命に追手を振り払っていましたが、間に合わなかったようですね。

さらにセザールまでも帰ってこないのでカナリアは心配でたまらないでしょう。

 

そんななか現れたオスカーは記憶が戻ったことを素直に言っていたものの、これまでとは別の考えをもち始めた様子。

自分が消えれば解決すると言っていたので、遠くにいくことにするのかそれとも命を落とすつもりなのか…。

どちらにしても、なにか覚悟を決めたような雰囲気でしたね。

 

ついに始まった議会では、セザール本人もいないこともありファーンハム家側に押され気味でした。

やはりジェラルドが片腕を失ったことは、貴族たちに良い印象を与えなかったのかもしれません。

セザール側の貴族も取り込まれてしまいそうな中、切り札で証人となったのはブラウン子爵でした。

 

息子の借金を口実にカナリアと取引していたブラウンでしたが、罪悪感を感じていたということも事実なのかなと思います。

彼自身も、これまで言えなかった真実を明かしたことですっきりしたことでしょう。

 

そして先代ファーンハム侯爵が預けたという遺言状の威力は強そうです。

リカルドを当主にするという遺言が本当ならば、その遺言に従わずジェラルドが無理やり当主になったことがわかりましたね。

この証拠を突き出してもなお言い訳を述べそうなジェラルドですが、黙っているオスカーがどんな動きをするのかが注目となりそうです。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ111話最新話と感想!切り札となる証人とは?まとめ

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る111話のネタバレと感想を紹介しました!

セザールは議会に間に合わなかったものの、ブラウン子爵が話す真実のおかげで皇帝選びは優位に立ちました。

さらに先代ファーンハム侯爵の遺言状という証拠が、カナリアの切り札となります。

⇒よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!