ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第32話最新話と感想!神殿からの返事

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第32話のネタバレと感想をまとめてみました!

あからさまに悪口を言い続ける夫人たち。

レイナの反撃が始まります!

「ガラスの温室の公爵夫人」第32話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第32話最新話と感想!神殿からの返事

レイナの反撃

レイナを見下す夫人たちに、社交界デビューをしていなくても恥じる事など一つもないと言うレイナ。

彼女の母親はロトワール大公の娘で、父親はヴィノシュト公爵、そして夫はヒスビリアン公爵なのです。

恥じる事があれば言うようにと言い放ちます。

 

成人の日に社交界デビューしないといけないという法律などなく、恥じる事があるとすれば、この身分が自分の力で得たものではない事です。

それはあなたたちも同じだと言われ、痛いところを突かれた夫人たちは黙り込んでしまいました。

これ以上ここいる理由もないと思ったレイナは帰宅する事に。

ママと呼ばれた日

ティーパーティーから帰宅したレイナは、真っ先にエルの元へ。

ウィンディとじゃれ合うエルに思わず笑みがこぼれます。

その時、エルが「マンマ」と口にしました。

 

初めて「ママ」と言われ、喜びで胸が高鳴るレイナ。

ふと、前世でのエルがどのように育ったのか気になるように。

レイナにはそっけないエドハールですが、きっとエルには優しかったはずと思うのでした。

神殿からの返事

ぐっすりと眠るエルを眺めながら、メルティオ侯爵夫人からの食事の招待状を手に取るレイナ。

どうやらティーパーティーから帰宅後すぐに送ったようです。

エドハールにも話そうと思っていると、ちょうど本人がやってきました。

 

神殿から送られて来た書類を見せるエドハール。

エルを神殿に連れて行こうと考えていましたが、断られてしまったと言います。

神殿が公爵家の訪問を断る事などまずあり得ません。

 

胸騒ぎを覚えるエドハール。

断られた理由はまだ分からないものの、あの原因不明の熱のせいではないかと考えていました。

 

あの熱がエルの能力と関係があるとしたら。

リュミエならば何か知っているかもしれないと考えたエドハールは、彼の動向を注意する事にしました。

レイナの誘い

話題を変えて、ティーパーティーの事を尋ねるエドハール。

レイナは彼を見つめながら、本当にエルにそっくりだと感心していました。

エルが大人になったら、彼のように成長するのでしょうか。

 

レイナに見つめられたエドハールの顔は真っ赤に。

特に気にもせず、メルティオ侯爵夫人から食事に招待された事を打ち明けるレイナ。

使用人たちが財産を横領していると疑う彼女は、早く解決した方がいいと訴えます。

 

エドハールは一緒に行く事に同意しながら、レイナに食事を勧めました。

あまり食欲のないレイナはお菓子を持って来てもらう事に。

そして食べながらティーパーティーの話をしようとエドハールに声を掛けるのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第32話感想

レイナを見下し、あからさまに悪口を言う夫人たち。

レイナは気持ちいいくらい正論で反撃してくれました!

身分で言えば、彼女たちはレイナの足元にも及ばないはずです。

 

前世の彼女であれば反撃などできなかったでしょうけど、今のレイナは本当に強くなりましたね!

これからはあんな嫌味な人たちに怯える事なく、堂々と生きて欲しいです!

 

初めて「ママ」と口にしたエル。

母親としては一番嬉しい瞬間です!

レイナは前世でのエルの事が気になっているようですが、いっそ知らない方が幸せかもしれませんね…。

 

まさか神殿からエルの訪問を断られるとは思いもしませんでした!

エドハールが言うように、エルの熱が関係あるのでしょうか?

リュミエという人物が絡んでいると考えているようですが…一体何者なのか気になります!

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第32話最新話と感想!神殿からの返事まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」32話のネタバレ、感想をご紹介しました。

神殿にエルの訪問をお願いしていたものの、断られてしまいます。

メルティオ侯爵夫人から食事に誘われた彼女は、エドハールにも声をかけるのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!