外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第132話最新話と感想!ミハイルの迷い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第132話のネタバレと感想をまとめてみました!

エリーゼが捕らえられたと聞き、激高するミハイル。

リンデンの奇襲が早まった今、悲劇を止める事はできないのでしょうか?

「外科医エリーゼ」第132話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第132話最新話と感想!ミハイルの迷い

ミハイルの想い

森の中の小屋に監禁されていたエリーゼは手を拘束され、睡眠剤を嗅がされ気を失っていました。

今すぐ止めるよう声を荒げるミハイル。

 

もうリンデンを討つチャンスは今夜しかありません。

ミハイルは剣騎士団に準備させるよう指示を出すと、メルキト伯爵たちに部屋を出て行くよう命令。

一人残ったミハイルは、未だ意識の戻らないエリーゼを見つめていました。

 

眠り続けるエリーゼに語りかけるミハイル。

これからリンデンを討ちに行く事、そして彼女への愛を伝えます。

 

全て忘れてただエリーゼと過ごしたい。

それが彼の望みでした。

ミハイルの迷い

兄であるリンデンを討ちに行く事に迷いを見せるミハイル。

もしエリーゼと違う形で出会えていたら、違う未来があったでしょうか。

いくら皇位の為とはいえ、兄弟同士で命を奪い合うなんて、彼には理解できませんでした。

 

エリーゼに別れを告げ、小屋を後にしたミハイル。

その時なんと、眠っていたはずのエリーゼが声を掛けてきたのです。

目を覚ましたエリーゼ

自分の元へ真っ直ぐ向かってくるエリーゼに、来るなと声を荒げるミハイル。

今から彼はエリーゼの愛する人の命を奪いに行くのです。

しかしエリーゼは彼の制止も聞かず、真っ直ぐに近付いて行きます。

 

ミハイルの頬を包み、何故泣いているのかと尋ねるエリーゼ。

いつの間にか彼の頬には大粒の涙が伝っていました。

 

泣いているのは迷いからではなく、風が強いからだと誤魔化すミハイル。

エリーゼはそんなミハイルを抱きしめ、彼の背中をさすります。

そして少しだけこうさせてと呟くのでした。

外科医エリーゼネタバレ第132話感想

拘束され意識を失っているエリーゼを見たミハイルは激高。

エリーゼの拘束は解かれましたが、リンデンへの奇襲は止められませんでした。

二人きりになったミハイルは、エリーゼへの愛を伝えます。

 

面と向かっては告白できないミハイルの、精一杯の抵抗でしょうか。

優しい彼は兄の命を奪う事も、自分が皇位を継承する事も何も望んでいないのに…。

皇家に生まれたばかりに、愛する人と過ごしたいという些細な願いすら叶えられないミハイルが不憫で仕方ないです。

 

迷いながらもリンデンを討つために小屋を後にしたミハイルでしたが、ここでエリーゼの意識が戻ります!

いつの間にか泣いていたのは、彼の迷いの現れでしょうか…。

 

そんな彼を優しく抱きしめるエリーゼ。

悲劇を食い止められるのは、もうエリーゼしかいません。

ここでミハイルを止める事ができればいいのですが…。

外科医エリーゼネタバレ第132話最新話と感想!ミハイルの迷いまとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」132話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エリーゼの拘束を解き、意識のない彼女に愛を伝えるミハイル。

彼の迷いを感じ取ったエリーゼは、ミハイルを優しく抱きしめなだめるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!