ジャンル、変えさせて頂きます!ネタバレ4話最新話と感想!叔父からの申し出

ジャンル変えさせて頂きます

「ピッコマ」連載漫画の「ジャンル、変えさせて頂きます!」4話のネタバレと感想をまとめてみました!

記憶違いで思ったよりも早く訪ねてきた叔父。

心優しい叔母を演じなくてはなりません!

ジャンル、変えさせて頂きます!4話のネタバレと感想を紹介します!

ジャンル、変えさせて頂きますネタバレ一覧へ

ジャンル、変えさせて頂きます!ネタバレ4話最新話と感想!叔父からの申し出

叔父の訪問

予想外の訪問に加え、ユディットはそのイケメンさと背の高さに驚きます。

またお会いしましたねと言われキョトンとしますが、さっき道でと言われてぶつかった相手が叔父だったのかと気が付きます。

ロムガート王国軍中央司令部陸軍大佐であり、ザクセン子爵のリューディガー・ヴィンタ―バルトだと名乗られました。

 

何の用かと尋ねると、ヨナス・ヴインターバルトを知っているかと聞かれます。

ルカの父の名ですが、それはユディットが知らないとされている情報なので、知らないと答えました。

尋ねる家を間違っているのではと言いますが叔父は引き下がらず、ユディット中に招きます。

原作でのお別れ

リューディガーは後々ルカの最も大きな助けとなる人物で、原作ではひとり高熱に苦しむルカを発見する人でした。

ちょうどその時深夜まで5月祭を楽しんだユディットが帰宅し、保護者の資格がないと責め立てます。

見捨てた人に言われる筋合いはなく、未婚の花同然の暮らしのせいで青春まで犠牲にしたと訴えられます。

 

養育費をもらうと騒ぐユディットを見て手切れ金を渡したリューディガーは、今後一切ルカに関わらないようにと言って連れて行ったのでした。

ルカは自分のために起こってくれたリューディガーに心を開くようになりましたが、同時にひどく傷ついた出来事ともされています。

引き取りに来た理由

自分がユディットなのでそうはならないと思いつつ、紅茶を出して丁重にもてなします。

ルカを押し付けるような感じを出さないことと、小説で得た情報を口にしないよう気を付けて、リューディガーと向き合いました。

ここがマイバウム家であることは間違いないが、ヨナスという名を聞いたのは初めてで、町はずれの家がヴィンタ―バルト家と関わることはなかったと伝えます。

 

兄ヨナスに子供がいることは、先日兄が亡くなって初めて知ったのだと説明され、手がかりがなく手間取ったことを謝られました。

リューディガーはヨナスは生涯独身だったため、ルカが唯一の子だと説明します。

両親もルカの存在を知って会うのを楽しみにしているのだと言い、ヴィンタ―バルト家に連れて行っても良いかと聞かれました。

ジャンル、変えさせて頂きます!4話感想

ユディットはリューディガーがきた経緯を説明されます。

早速ルカを連れて行ってもいいかとお願いされました!

 

今後ルカの心強い支えとなる叔父がやってきましたね!

原作ではユディットは体調不良のルカを置いて遊びに行ってしまっていたと知り驚きました。

ユディットの大変さもわかりますが、それでも真っ先に要求したのがお金となれば、ルカが悲しむのは当然でしょう。

 

今のユディットは全く違うので、叔父が強引に連れて行くことは出来ません!

さっさと渡してしまうのも不自然なので、あくまで良い叔母を装い、自然な形でお別れする必要があります。

うまく渡すことが出来れば、ユディットの運命は帰ることが出来ると予想します!

 

ルカは優しいユディットと1カ月しか一緒に過ごしていませんが、これで今後の生活に耐えられるのでしょうか。

本当にこれですぐお別れしてしまうのはイメージできません!

全く優しくされなかった原作よりも、中途半端に優しくされた今の方が辛くなってしまいそうです!

ジャンル、変えさせて頂きます!ネタバレ4話最新話と感想!叔父からの申し出まとめ

今回は、「ジャンル、変えさせて頂きます!」4話のネタバレと感想を紹介しました!

ルカを引き取りたいと申し出を受けたユディット。

ルカを引き渡してしまうのか、今後の展開が気になります!

ジャンル、変えさせて頂きますネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!