影の皇妃

影の皇妃ネタバレ16話最新話と感想!エレナの嫌がらせ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」16話のネタバレと感想をまとめてみました!

リアブリックから、すべての事柄に許可を得るようにと注意されたエレナは、頻繁に伺いを立てて、忙しいリアブリックをウンザリさせます。

ついに、リアブリックはエレナの行動に関するルールをつくりますが…。

影の皇妃16話のネタバレと感想を紹介していきます!

影の皇妃ネタバレ16話最新話と感想!エレナの嫌がらせ

多忙なリアブリック

公女不在による後継者問題のため、リアブリックがエレナを迎えに行っていた間の仕事が山積みになっています。

傍系の家門に後継者を譲るわけにはいかないので仕方のないことでした。

 

誰も通さないように言っていたにも関わらず、リアブリックの部屋をノックしてエレナがやって来ました。

些細な事でも許可を得るよう注意されたからです。

エレナは、靴を買いたいと言いました。

リアブリックは、執事に言って職人を呼ぶように答えます。

何度もやって来るエレナ

しばらくすると、またエレナがやって来ました。

今度は、靴に合わせる装身具の件。

 

次は、装身具をいくつ買っていいのか。

またしばらくすると、自然派化粧品を買っていいのか。

バニラ紅茶を買っていいのか。

靴職人を変えたい。

 

からかっているかのように、何度もやって来るエレナに、ついにリアブリックの怒りが爆発しました。

エレナのルール

翌朝、エレナがリアブリックの部屋へ行くと、リアブリックは徹夜した様子でした。

疲れた顔で、エレナを部屋に招き入れます。

 

昨日、エレナに何度もお伺いに来られてウンザリしたリアブリックは、エレナに今後のルールを書いた紙を渡しました。

許可に関することや、エレナが使える限度額、日程報告通りに動くことが書いてあります。

エレナが読み終わると、リアブリックはその紙を燃やしました。

 

エレナがこの10日間で使った額は、普通の貴族には考えられないものです。

しかしそこは大公家。

公女の名で大公家にツケにすれば、払わないわけにはいきません。

限度額を決められても、実際意味はないのです。

 

日程報告については、逆手にとれそうだと思ったエレナ。

その場で、今日の日程を書き始めます。

影の皇妃ネタバレ16話感想

エレナの嫌がらせが、面白すぎる~!!

よくも次々に、思いつきますね。

 

また、侍女たちも止めないのでしょうか。

エレナが怖くて、止められないのかな?

 

忙しいときに何度も何度もやってこられたら、そりゃあブチ切れるでしょう。

リアブリックにしても、来なくていいと言えない所が辛いですね。

 

おバカでない人が、おバカなふりをしていないと出来ないことです。

リアブリックをかなり消耗させて、楽しんでいるエレナが愉快すぎます~!

 

リアブリックにはちょっと気の毒ですが、こんな嫌がらせは多分序の口でしょう。

次は、日程で何かするつもりのようです。

なにを企んでいるんでしょうか?

 

何だか、宴の前からこんなにリベンジをバンバン仕込んできたら、さすがにリアブリックの疑念が再燃しませんか?

もちろん、それも計算済みなのでしょうが。

 

また次回、エレナが何をやってリアブリックをキレさせてくれるのか、楽しみです。

影の皇妃ネタバレ16話最新話まとめ!エレナの嫌がらせ

今回は「影の皇妃」16話のネタバレと感想をご紹介しました!

何をするにも許可を得るようにと言われたエレナは、多忙なリアブリックに何度も許可をもらいに行って、リアブリックを激怒させます。
エレナのお伺い攻撃にウンザリしたリアブリックは、今後のルールを定め、エレナに守るよう求めました。

ルールは買い物の許可、限度額、日程報告に関することです。
限度額については、公女となれば無意味だとエレナは考えています。
日程報告については、何やら企みがあるようです…。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!