影の皇妃

影の皇妃ネタバレ30話最新話と感想!メイの秘密

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」30話のネタバレと感想をまとめてみました!

新人侍女・メイの正体は、かつて謀反を企てたカール子爵の娘です。

両親が処刑されたことでフランツェ大公を恨んでおり、仇をとるため一介の侍女として着々と準備してきたメイでしたが…。

影の皇妃30話のネタバレと感想を書いていきます!

影の皇妃ネタバレ30話最新話と感想!メイの秘密

新人侍女メイ

大公家に到着したメイは、リアブリックにマダムの推薦状を手渡しました。

リアブリックは今回の件に気乗りはしないのですが、地に落ちた公女の評判を思うと仕方がないだろうと考えます。

 

公女殿下直属の侍女となったメイに、リアブリックは分からないことはアンに聞くようにと言いました。

メイは、アンに連れられて公女殿下に挨拶に向かいます。

 

エレナは部屋にメイを呼び入れ、どうして大公家に来ることになったか気にならないかと聞きました。

マダムの推薦だと伺ったと答えるメイに、エレナは自分がマダムにメイを送るように頼んだのだと話します。

 

メイは驚いた様子でしたが、理由を聞くことはしませんでした。

理由を聞かないのかと問うエレナに、公女様に何かお考えがあってのことだろうからと答えます。

 

エレナはメイが恨んでいる相手が大公家であることを指摘しました。

メイは、謀反を企てたことで処刑されたカール子爵の娘であり、両親の仇であるフランツェ大公を葬るために一介の侍女として生活しながら、復讐の準備をしてきたのです。

 

メイは、自分の素性は誰にも知られていないはずなのに、なぜ公女が知っているのかと激しく動揺しました。

しかし、ここまで来たからには後戻りも出来ません。

 

メイは、こうなったら公女だけでもと覚悟し、エプロンの下のナイフに手を伸ばしました。

エレナはその様子を見て、本当にそれでいいのかと声をかけます。

自分を手にかけたら今までの努力が水の泡になると。

エレナの提案

どういうことなのかと聞くメイに、エレナは自分を利用するように提案しました。

メイの復讐を叶えてやると言うのです。

 

メイは、そのようなことは信じられないとこぶしを握りました。

父親を見殺しにする娘など、この世にいるはずがないと拒否しますが、エレナは何事にも例外があるのだと答えます。

この世には、親を恨む子供もいるのだと。

 

エレナは困惑するメイに近付き髪を触りながら、時間を与えるのでゆっくり考えてみるようにと言いました。

同じことは二度言わないというエレナに、メイは…。

影の皇妃ネタバレ30話感想

両親が謀反を企てた罪で処刑…メイにそんな背景があったなんて。

父のカール子爵が謀反を企てた理由も知りたいところですが、極悪非道な大公の人柄を考えると、カール子爵の方が正しいことをしようとしたのではないかと想像します。

メイとエレナは似た者同士ということですね。

 

大公に復讐したいエレナとメイが協力すれば、監視役のアンがいたとしても、エレナの計画がさらに進めやすくなります。

メイは有能な人のようですからエレナにとって大きな力となりますし、それはメイの目的を達することにもつながるのでwin-winです。

 

今回は正体を見透かされて動揺しているメイですが、エレナに協力して損はないし、どちらにしても協力するしかない流れでしょう。

エレナがメイを使って何をしようとしているのか…、次の計画が楽しみです!

影の皇妃ネタバレ30話最新話まとめ!メイの秘密

今回は影の皇妃30話のネタバレと感想を紹介しました!

エレナに正体を見抜かれたメイは動揺し、こうなったら公女だけでもとナイフに手を伸ばします。

しかしエレナは自分も大公を恨んでいると明かし、メイの復讐を叶えてやると言いました…。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!