怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ68話最新話と感想!コンラッドの到着

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」68話のネタバレと感想をまとめてみました!

レスリーの予想に反し、もう一人の護衛として着任した騎士はコンラッドです

コンラッドは、レスリーの心の支えともなっていきました…。

怪物公爵と契約公女68話のネタバレと感想を書いていきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ68話最新話と感想!コンラッドの到着

アーレンドとエリーの婚約

司祭から、試験最終日のアラベーラ選定の儀式では、王族よりアラベーラのブローチが与えられるのだと伝えられます。

レスリーは、その王族がアーレンド第一王子ではないことを望みました。

エリーの婚約者だからです。

 

アーレンド王子がエリーとの婚約を破棄しなかった理由は、アーレンドがエリーを気に入っており、今突き放せばエリーが行く当てもないからということのようでした。

ただし、罪を犯した人間がアーレンドの公式な配偶者になることはできません。

アーレンドはエリーと目も合わせないという噂もありました。

 

レスリーは、本来なら自分に掴みかかって来そうなエリーが大人しくしているのが意外で、気になっています。

新しい護衛の到着

レンティウスが新しい護衛を迎えに行きました。

到着した騎士たちは、来る途中に紛争地区の境界まで偵察した結果、異常はなかったと報告します。

 

やってきた騎士の中にコンラッドがいました。

レンティウスはコンラッドに、頼るもののいないレスリーの力になってやるようにと言います。

 

翌朝、コンラッドを見たレスリーは夢を見ているのかと思いました。

コンラッドから着任の挨拶を受けたレスリーは喜び、コンラッドもまた嬉しそうな表情をしています。

レンティウスは最近気が塞いでいるような様子のコンラッドが気になっていましたが、ほっこりした雰囲気の二人を見ると、もっと早くコンラッドを呼んでやればよかったと思いました。

 

朝の話で、各候補者は他の候補者の中でアラベーラにふさわしいと思うものを推薦することになったと聞かされました。

これまでさぼっていた候補者たちは、急に真面目に働くようになります。

 

レスリーが山のような洗濯物を前にどこで洗おうかと考えていると、コンラッドが川に案内するといって洗濯物を運んでくれました。

セントルーア騎士団は、見習いになると神殿で今の候補者たちと同じような生活を送るため、辛い生活を耐え抜いた経験があるのだそうです。

 

自分で洗いものをしたこともない貴族に、このような候補者の生活をさせたら辞退者が多くなるのは当然で、今の時点ですでに最初の司祭たちと同じくらいの数しか残っていません

そこで、レスリーにある考えが浮かびました…。

怪物公爵と契約公女ネタバレ68話感想

やっぱり新しい護衛はコンラッドでしたね。

ハルトやレンティウスの計らいがあってのことで、本当にレスリーが皆に愛されて大事にされているのが嬉しいです。

 

アーレンドがエリーとの婚約を解消しないのは、太后の意向でしょう。

しかし太后が、エリーや侯爵を利用して何をするつもりなのか今一つ分かりません。

エピアルテスは、エリーもレスリーも共に滅ぼしてしまうのでしょうか。

 

スペラード侯爵は、物乞いよりひどい生活を送っても生き残っているというのが、すごい執念ですね。

それは、このような生活に耐えられないと思われるようなエリーが、どうにか耐えられているのも同じです。

小物とはいえ、この執着心は本当にスゴイ…!

怪物公爵と契約公女ネタバレ68話最新話まとめ!コンラッドの到着

今回は怪物公爵と契約公女68話のネタバレと感想を紹介しました!

新しく来た護衛はコンラッドです。

心身ともに疲れホームシックになっていたレスリーは、コンラッドを見て本当に喜びました。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!